よむよむカラーミー
ネットショップ運営を、
もっと楽しく。

今すぐできるおすすめの副業15選!安全に始めるコツや毎月稼ぐためのポイントを紹介

2018年1月に「モデル就業規則」が改訂されたことにより、耳にする機会も増えた「副業」。政府も働き方改革の一環で副業を推進していることから、今後ますます副業をする人の増加が予想されます。

今回は、「副業を始めたい!」という人に向けて、副業のメリットや安全に始めるためのコツ・注意点、そして今すぐできるおすすめの副業をご紹介していきます。

ツクルくん
ツクルくん

僕も空いた時間に何か始めたいけど、おすすめの副業はある?そもそもどんな仕事があるんだろう。

カラミちゃん
カラミちゃん

ツクル君におすすめなのが、ネットでできる副業や、資格・スキルを活かせる副業です。今回は誰でも簡単に始められる副業について詳しく解説します!


副業は実際どれくらい儲かる?メリットとは

厚生労働省が令和2年に行った「副業・兼業に関する労働者調査」では、副業をしている人の割合は働いている人の9.7%と、約1割になることがわかりました。

副業をしている人の収入は、毎月5万円以上10万円未満が13.5%と最も多く、副業も大きな収入源になるといえるでしょう。

上記のことから、副業の最も大きなメリットは、収入が増えることです。
本業で収入が減ったり、何らかのトラブルで給与が受け取れなかったりする場合のリスクマネジメントにもなります。

また、本業で使っているスキルを副業にも活用することで、収入を得ながらスキルアップすることができます。副業でのスキルアップは本業にも還元することができるでしょう。

さらには、副業で未経験の分野に挑戦し、新たな資格やスキルを習得することも可能です。
本業だけでは見えなかった世界が広がり、価値観にも変化が生まれるでしょう。

副業を安全に始める際のコツ・注意点

最近では、スマホだけで手軽に始められる副業も増えてきているため、副業をスタートするハードルは下がっています。

ですが、副業の中には詐欺などもあるため注意しなければなりません。ここからは、副業を安全に始めるためのコツ・注意点を解説していきます。

就業規則を確認する

副業を解禁する企業は増加傾向にありますが、副業を巡って会社とトラブルになるケースは少なくありません。

「副業OK」とされている企業でも、条件が設定されていたり、事前に会社への申告が必要であったりする場合があります。

就業規則には、副業に関する事項が明記されています。トラブルを避けるためにも、会社員で副業を始める場合は、必ず事前に会社の就業規則の内容を確認しましょう。

年間20万円以上は確定申告を行う

副業での収入が年間20万円以上になる場合は、確定申告を行う必要があります。

会社員であれば、通常は会社が年末調整という形でその年の給与や税金に関する手続きを行ってくれるので、確定申告をしたことがない人も多いでしょう。

しかし、年間20万円以上の副収入がある場合、自身で確定申告書を作成し、税務署に提出しなければなりません。

高額な報酬は詐欺の可能性も

手軽に副業が始められるようになった今、最も注意しなければいけないのが詐欺です。

「スマホひとつで誰でも簡単に月10万円」などとうたっている宣伝や広告には気をつけましょう。

一般的には、簡単な作業で高額な報酬を得られることはないため、過剰な宣伝などを出している副業は詐欺の可能性があることも理解しておきましょう。

安全性が高いかどうか、運営している会社を調べる

副業を始める際には、運営会社の安全性が高いかどうかも重要です。

インターネットで検索しても、運営会社の情報が不明瞭である場合は、利用しない方がよいでしょう。

大手や知名度の高い企業、歴史ある会社の運営であるかどうかをしっかりと事前に調べることが大切です。

さらに注意点として、人によってはおすすめできない副業もあります。詳しくは下記の記事でご紹介しています。

今すぐできる!おすすめの副業15選

では早速、今すぐ始められる副業をご紹介します。平均収入や難易度、メリット・デメリットなどを参考に、自身に合った副業を見つけてくださいね。

空いた時間にネットでできる副業

誰もが手軽に始められて、空いた時間できるのがインターネットで完結する副業です。
特別なスキルは必要なく在宅でもできるため、初心者におすすめです。

1.アンケートモニター

アンケートモニターとは、商品やサービスなどをモニターとして体験し、アンケートに答えることで報酬が得られるものです。

一般的に、報酬は現金ではなく、アンケートモニターサイトの独自のポイントで付与されます。

アンケートモニターは、時間や作業量が調整しやすいため、時間があまり確保できない忙しい会社員にも向いているでしょう。

平均収入 毎月1,000円~5,000円程度
難易度 初級
メリット ・スマホ1台あれば、誰でも手軽に始められる
・通勤や家事の空いた時間にできる
・新商品を無料で試せることもある
デメリット ・まとまった金額が稼ぎにくい
・高収入案件が少ない
マクロミル

マクロミルは、アンケートモニター会員登録無料のサイトです。登録後は、自治体や企業、研究機関を中心としたさまざまなアンケートに答えることができ、回答するごとに1ポイント1円相当のポイントが付与されます。

貯まったポイントは、提携先サービスの賞品やポイントと交換できるほか、現金に換えることもできます。

2.アフィリエイト

アフィリエイトとは、自身のブログやサイトに企業の広告を掲載することで、広告収入を得ることです。

ユーザーが広告をクリックし、商品やサービスを購入すると報酬が発生する仕組みとなっています。

アフィリエイトで稼ぐには、まずはアフィリエイトの基礎知識を理解する必要があります。
また、サイトを構築して継続的に記事を書かなければいけないため、収益化まで時間がかかるでしょう。

平均収入 1件につき1,000円~3,000円程度
難易度 中級~上級
メリット ・初期費用がかからない
・検索エンジンで上位に表示されれば、大きな収入が見込める
デメリット ・基礎知識を習得しなければいけない
・広告がクリックされなければ、報酬は発生しない
A8.net

A8.netは、日本最大級のアフィリエイトサービスプロバイダーです。
ブログやサイトを運営した経験がない人でもA8.netでアフィリエイトを始めることができます。

登録や利用は無料で、ブログサービスも提供されているため、アフィリエイト初心者におすすめです。

3.フリマアプリ

フリマアプリは、物を個人間で売買するサービスです。
漫画や洋服、家電製品や野菜までさまざまな商品を売ることができます。

自身が設定した商品価格から販売手数料を差し引いた金額が報酬となります。

出品方法も簡単であるため、主婦や学生、会社員など幅広い層に利用されていることが特徴です。

平均収入 出品する商品の値段によって異なる
難易度 初級
メリット ・不要品をお金に換えることができる
・在庫を抱えるなどのリスクがない
デメリット ・金券など出品できないものがある
・トラブルが発生する可能性がある
メルカリ

メルカリは、誰でも簡単に商品の売買ができるフリマアプリです。
無料で会員登録でき、月会費やクレジットカード手数料も無料です。

商品価格の10%が販売手数料として差し引かれます。

写真をスマホで撮り、商品情報を登録するだけで出品できるので、初心者でも使いやすいでしょう。

4.ネットショップ経営

インターネットでの買い物が当たり前になった現在、ネットショップの運営は、大きな利益を生み出す可能性があります。

副業でネットショップを開業する場合、雑貨や洋服など自分の好きなものを販売すれば楽しみながら運営できるでしょう。

始める場合は、仕入れや集客などさまざまなコストがかかることもあるので、初期費用などが無料のサービスを利用することをおすすめします。

また、新規でネットショップを開設した場合、その規模にかかわらず、1か月以内に「開業届」を税務署に提出しなければいけません。

平均収入 毎月10万円~20万円程度
難易度 中級
メリット ・実際に店を構えないため、経費と人件費がかからない
・無料で利用できるサービスがある
・収入が本業を上回る可能性がある
デメリット ・最初は売上が立たない
・競合が多いため、集客が難しい
カラーミーショップ

カラーミーショップは、初期費用や月額費用が無料なフリープランもある、ネットショップ作成サービスです。

メールでのサポートやYouTubeでの解説動画があるため、運営知識がない初心者でも安心して利用することができます。
なお、ただいま無料でいつでも視聴できるネットショップ開業の動画セミナーを配信しておりますので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

>>無料動画セミナーを見てみる

また、カラーミーショップはサイトのデザインも豊富でカスタマイズすることもできるため、競合との差別化にもおすすめです。

>>カラーミーショップで無料開設してみる

資格やスキルを活かす副業

副業の中には、自身が持っている資格やスキルを活かせるものもあり、収入を得ながらスキルをアップデートすることもできます。

5.スキル販売

スキル販売とは、自身の特技やスキル、時間ごとの労働をサービスとして提供することです。

これらのサービスを提供するサイトやアプリは無料で使えるものが多く、売買もサイト内で完結するのが特徴です。

データ入力やプログラミングなどのビジネス系のスキルだけでなく、恋愛相談や占いなど趣味として取り組んできたものも販売できるため、多くの人にビジネスチャンスがあるでしょう。

平均収入 毎月3万円~5万円程度
難易度 中級
メリット ・知識や経験がお金になる
・どのようなスキルでも一定数のニーズがある
・本気で取り組めば本業を超える収入が得られる
デメリット ・依頼が来ないこともある
・トラブルが発生する可能性がある
coconala(ココナラ)

ココナラでは、プログラミングなどのビジネススキルから悩み相談まで200種類以上のカテゴリのスキルが販売できます。

最低出品価格は500円で、販売価格は自由に設定できます。手数料は販売総額によって異なりますが、最低でも10%かかります。

6.セミナー講師

あるテーマでセミナーや講座を開催し、参加者に講義をする副業です。
自身が強みとする分野の知識や能力を大いに活かせる副業といえるでしょう。

講師の仲介・派遣会社に登録をして紹介してもらったり、個人で直接クライアントと契約したりします。

実力と人気がある講師ほど、1回あたりの講演料も高くなり、収入も増えるでしょう。

平均収入 毎月12万円~20万円程度
(3,000円~5,000円の参加費で10人参加するセミナーを月4回開催した場合)
難易度 中級~上級
メリット ・知識や経験がお金になる
・専門分野の講義により、受講者に学びや気づきを与えられる
デメリット ・実績がない状態では活動しにくい
・集客のためにSNSなどを活用しなければいけない
・資料作成などの準備に時間がかかる
講師SELECT(セレクト)

講師SELECTは、昭和28年創業で長年講師派遣をサポートしてきた会社が運営しているサイトです。

講演講師登録フォームに講演ジャンルや実績を入力して送信することで、講師として登録することができます。準備からアフターフォローまで行ってくれるため、心強いでしょう。

7.Webライティング

企業から依頼を受け、Web上の記事を執筆することです。インターネットの普及により、その需要は高まっています。

最近では、ネット上ですべてのやり取りが完結するクラウドソーシングが一般化してきているため、1記事単位で企業から仕事を請け負うWebライターもいます。

ネット環境があれば始められますが、資格やスキルがあることで、より専門的なライティングができ、高収入につながるでしょう。

平均収入 1記事につき数百円~数万円程度
(1文字あたり0.5円~5.0円程度)
難易度 初級~中級
メリット ・口コミやアンケートなど簡単なものもある
・資格があれば専門的な記事作成ができる
・収入が安定すれば、本業とすることもできる
デメリット ・実績がないと、高収入は望めない
・スマホだけでは対応できない案件が多い
ランサーズ

ランサーズは、日本最大級のクラウドソーシングサイトで、会員登録料も無料です。Web記事作成やブログ記事作成、取材執筆などさまざまな案件があります。

幅広いジャンルの案件があるため、自身の資格やスキルを活かせる仕事も見つけやすいでしょう。

趣味を活かす副業

趣味で写真や動画を撮影したり、ハンドメイドの作品を作ったりしている人も多くいます。
副業ブームの現在、作品を販売して収入を得られるサービスも多々あるため、趣味を通じて副収入を稼ぐことも可能です。

8.写真・動画販売

自身が撮った写真や動画をストックフォトサービスに登録することで、それらを販売することができます。

サイズなどに応じて販売価格が設定でき、売上から販売手数料を差し引いた金額が報酬です。

販売枚数に制限はなく、普段撮影している写真や動画を有効活用できるため、カメラ好きには魅力的な副業でしょう。

平均収入 毎月数千円~数万円程度
難易度 初級
メリット ・Web登録なので簡単に始められる
・自分の好きなペースで進められる
・長期間にわたって売り続けられる
デメリット ・購入者のニーズに合わなければ売れない
・写真1枚の単価が低い
・競合が多い
Shutterstock

Shutterstockは、写真や動画などを販売できるストックフォトサービスで、全世界で使用されています。

写真や動画はレベル分けされ、1年のライセンス数に応じて報酬額が決まる仕組みです。

クリエイターのアイデアブログもあるため、写真や動画販売のテクニックを学ぶには最適でしょう。

9.動画・SNS配信

YouTubeでの動画配信や、TikTok、InstagramなどのSNS配信で広告収入を得る稼ぎ方もあります。

例えば、地方在住であればその地方の誰も知らない魅力を配信することで、視聴者やフォロワーから多くの共感が得られるでしょう。

また、動画を多くの人に見てもらうためにSNSを活用するなど、連携して使うことで収入増が見込めます。

平均収入 毎月5,000円~1万円程度
難易度 初級~中級
メリット ・趣味やスキルを活かして収入が得られる
・人気が出れば大きな収入が見込める
デメリット ・動画編集の専用ソフトやスキルが必要となる
・SNS配信では一定数のフォロワーが必要となる
YouTube

子どもから大人まで幅広い層が視聴するYouTube。売れっ子のYouTuberは月収が3,000万円超といわれています。

YouTubeの広告収入は、広告主が支払う掲載料から支払われます。
広告が流れるためには、「年間再生回数4,000時間」といった条件があるので、視聴者を増やすための対策が必要不可欠です。

10.ハンドメイド作品の販売

趣味でアクセサリーや手編みのニットなどをハンドメイドしている方もいると思います。
そんな方におすすめなのが、ハンドメイドマーケットアプリなどでの作品の販売です。

基本的には無料で出品でき、売上から販売手数料を差し引いた金額が報酬となります。

自身の作品にファンがつけば、売上が上がると同時に、新作を作る原動力にもなるでしょう。

平均収入 出品する商品の値段によって異なる
難易度 初級
メリット ・基本的には無料で出品できる
・作家として自分の店を持つことができる
デメリット ・多くの作品があるため、オリジナリティが必要になる
・注文の受付や梱包、発送などの手間がかかる
minne(ミンネ)

ミンネは、登録作家数・出品作品数ともに国内最大規模のハンドメイドマーケットアプリです。お店の名前とメールアドレスや銀行口座などがあれば、誰でも作家として登録できます。

販売手数料は送料込の10.56%で、月額使用料は無料です。簡単に海外にも発送できるため、多くの人が作品に触れる機会があります。

出品や購入がシンプルな仕組みとなっているため、初心者の作家にもおすすめです。

体を動かす副業

今話題のフードデリバリーサービスの配達員など体を動かす副業もあります。
普段パソコンに向かって仕事をしている人にとって、外に出て副業をすることはリフレッシュにもなるでしょう。

11.単発アルバイト

コンサートスタッフや試験監督など単発のアルバイトを副業とすることもできます。

1日で終わる短期の仕事であれば、自由度も高く、休日の予定が入っていない日に効率良く収入を得ることができるでしょう。

多額の収入は見込めませんが、一定の副収入を得たい人におすすめです。

平均収入 時給1,000~1,500円程度
難易度 初級
メリット ・休日を有効活用できる
・一定の副収入を得られる
デメリット ・大きな収入は見込めない
・引っ越し作業など体力がかなり必要な場合もある
ショットワークス

ショットワークスは、単発や短期間のアルバイト探しに特化した求人サイトです。「明日働きたい」「今週末だけ働きたい」など急な要望にも対応しているところが特徴です。

副業を探す社会人にも多く利用されており、日払いの案件も数多くあるのが魅力でしょう。

12.配達員

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、飲食店のテイクアウトも増え、今急速に需要が高まっているのがフードデリバリーの配達員です。

スマホと自転車やバイクなどの移動手段があれば、空いた時間に手軽に始められるのも大きな特徴。

日曜日などはオーダーが増えるため、休日を活用したい会社員には向いているでしょう。

平均収入 時給1,000円~2,000円程度
難易度 初級
メリット ・本業が休みのタイミングで働きやすい
・運動不足が解消される
・エリアによっては日給2万円以上稼ぐことができる
デメリット ・天候に左右される
・郊外だとあまり稼げない
・事故を起こす可能性がある
Uber Eats(ウーバーイーツ)

ウーバーイーツは、アメリカの配車サービス大手企業が運営するフードデリバリーサービスです。
1配達ごとに報酬が発生し、週単位で支払われます。

配達に慣れたら配達件数を増やせるため、土地勘のあるエリアを中心に配達するとよいでしょう。

投資関連の副業

会社員として給与の他に、投資をして収入を増やしたいと考えている方も少なくないでしょう。一般的に、投資は「資産運用」であるため、本業に差し障りがない限り、副業が禁止されている企業でも投資を行えます。

13.株式投資

株式投資では、キャピタルゲインとインカムゲインの2つの方法で利益を得ることができます。

キャピタルゲインとは、購入した株式を売ることで得られる売買差益です。インカムゲインとは、保有している株式の配当金などで得られる利益です。

少額投資非課税制度であるNISAを利用すれば、得られた利益の税金を非課税にすることができます。

平均収入 年間300万円未満
難易度 中級~上級
メリット ・買ったときより高く売れると利益が出る
・企業が得た利益の一部を配当金として受け取れる
・株主優待が受けられる
デメリット ・投資額が比較的大きい
・価格変動のリスクがある
・欲しい株式が手に入らないこともある
SBI証券

SBI証券は、ネット証券において口座開設数No.1の証券会社です。売買手数料の安さと商品・サービスの充実度が大きな特徴です。

2021年7月時点において、上場している銘柄の約98%以上を100万円以下で購入できるため、投資初心者にも向いているでしょう。

夜間取引にも対応しているため、帰宅後に株式売買したい会社員には嬉しいサービスです。

14.不動産投資

不動産投資は、物件を買って家賃の収入を得たり売却時の差額で利益を出す方法です。

不動産は価格変動しにくく、立地を選べば空室リスクも避けられます。資産として次世代に残せるのも大きな特徴でしょう。

ただし、不動産投資を始めるにはある程度の資金が必要となり、空室リスクなどもあります。

平均収入 年間700~800万円程度
難易度 中級~上級
メリット ・安定した収入源となる
・節税効果がある
・私的年金の代わりとなる
デメリット ・初期投資額が大きい
・維持費がかかる
・空室リスクがある
プロパティエージェント

プロパティエージェントは、東京23区や横浜エリアに特化したマンションの開発・販売を手がける東証1部上場企業です。

新築と中古両方のマンションを扱っており、入居率は99.5%と高い数字を誇っています。

不動産投資初心者向けにセミナーも開催しているため、気になる方は覗いてみましょう。

15.FX

FXは外国為替証拠金取引であり、異なる2つの外国為替を交換することにより発生した差額で利益を得ます。

FXの大きな特徴として、自身が準備した資金以上の金額を取引できるレバレッジという仕組みがあります。

また、土日と特定の曜日を除いて、24時間取引可能であるため、忙しい会社員にもおすすめです。

平均収入 毎月1~5万円
(資金によって異なる)
難易度 中級
メリット ・少額から投資できる
・通貨を保有しているだけで利益が得られる
・時間がない場合でも、自動売買ができる
デメリット ・大きな損失が発生することもある
・為替や世界情勢の知識が必要となる
・ギャンブル的な要素がある
GMOクリック証券

GMOクリック証券が展開する「FXネオ」は、取引量が多く、最も利用されているFXサービスです。

通貨ペアの売値と買値の差額であるスプレッドが業界でも最小標準であるため、低コストで取引できます。
無料で行えるデモ取引もあるため、FX初心者でも安心して利用できるでしょう。

なお、特に在宅での副業を考えている方は下記の記事もあわせてご覧ください。

副業で毎月稼げるようになるコツ

副業を始めたものの、なかなか思うように稼げないという人も少なくありません。そこで毎月稼げるようになるコツをお伝えします。

地道に続ける

副業でコンスタントに稼ぐためには、長く続けることが大切です。
副業は、本業と並行して行うため、収益化するには時間がかかることを念頭に置いておきましょう。

一定の収入が得られるようになるまで、あきらめずコツコツと努力する必要があります。
モチベーションを維持し続けるためには、できるだけ好きなことを副業として選ぶことが重要です。

本業に影響しない程度に行う

副業は文字通りあくまで副業です。副業に力を入れるあまり、本業がおろそかになってはいけません。

夜遅くまで副業に没頭したり、休日のすべてを副業に割いたりして、本業に悪影響を及ぼさないように注意が必要です。

本業と副業をうまく両立させることで、どちらも長く続けることができ、収入増が見込めるでしょう。

なるべく楽しめる仕事を選ぶ

副業で稼ぐためには、得意分野の仕事を選んでなるべく楽しめるようにすると継続でき、収入増につながるでしょう。

まずは、自身のスキルで何が活かせるのか、どのようなことなら興味が持てるのかなど自己分析することが大切です。

副業は本業と並行して行う分、仕事をする時間が長くなるため、お金を稼ぐこと以外の目的も見つけてみましょう。

まとめ

今すぐに始められるおすすめの副業15選をご紹介しました。
手軽に始められるものから専門的なスキルが必要なものまでさまざまですが、自身に合った副業を見つけ、継続することで収益化することができるでしょう。

副業によって収入が増えるのはもちろん、新たな出会いや発見があるので、自己の成長にもつながります。

この記事を参考に、副業にぜひチャレンジしてみてくださいね!

▼こちらの記事も読まれています▼

よくある質問

副業は実際どれくらい稼げますか?

厚生労働省が令和2年に行った「副業・兼業に関する労働者調査」によると、副業をしている人の収入は、毎月5万円以上10万円未満が13.5%と最も多いようです。
そのため、副業をすれば5万円以上は稼げる可能性が高いでしょう。副業をするメリットやいくら稼げるのかについて、こちらの章でさらに詳しくご紹介しています。

安全に副業を始めるコツを教えてください。

副業を安全に始めたい方は、以下の4つの点に注意しましょう。

1.会社の就業規則を確認する
2.年間20万円以上は確定申告を行う
3.高額な報酬は詐欺の可能性も
4.安全性が高いかどうか、運営している会社を調べる

本業である会社での仕事に影響を及ぼさないようにすることと、利益が出たら確定申告することを気を付けましょう。また、副業は一気に大金を稼げるということはほとんど無いため、条件が良すぎるものは避けたほうが安全です。さらに知りたい方はこちらの章をご覧ください。