よむよむカラーミー
ネットショップ運営を、
もっと楽しく。
ネットショップ運営を、
もっと楽しく。
MENU
ネットショップを無料体験してみる
気になるワードは?

比較!有料・無料ネットショップ開業サービスのメリット&デメリットと選び方

ネットショップ開業を決めたものの、機能や特徴の違いからどのサービスを選べば良いのか迷ってしまい「なかなか運営に踏み出せない…」という方も少なくないのではないでしょうか。理想のネットショップを作るためには、あなたのショップ・商材に合った運営方法を選択することが重要です。そこで今回、どのような違いがあるのかネットショップ作成サービスごとの特徴を比較してみました。

 

1.まず知っておきたいショッピングカートとECモールの違い

ネットショップを運営すると決めたら、インターネット上にあるいくつかのネットショップ作成サービスから一つを選んで、ショップを作り上げていくのが一般的です。「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」「ZOZOTOWN」等、Web上でお買い物ができる仕組みを提供するサービスはさまざま。

ネットショップを実際に開業・作成する方法ですが、大きく分けて2つあります。

ショッピングモールに自分のお店を出店するECモールタイプか、ショッピングカートのサービスを利用し独自にECサイトを作りお店を開設するタイプです。

これら2つのサービスの意味と特徴をそれぞれ解説していきますので、まずは押さえておきましょう。

 

ECモールとは?特徴を解説

ECモールとは、国内外のさまざまな店舗が集まるショッピングモール型のネットショップサービスで、
ネットの世界にあるデパートや商店街をイメージするとよいかもしれません。

代表的なサービスで言うとみなさんご存知の「Amazon」や「楽天市場」・「Yahoo!ショッピング」、またはアパレルモールなどの「zozotown」などがこれに当てはまります。

これらのECモールの最大の特徴はやはり集客力です。

モール自体の認知度・ブランド力が高いため、多くのお客様が日々モールに訪れているのでモール内で自分のお店の商品を露出させることができれば、
立ち上げてすぐでも大きな売り上げを立てることも可能です。

ただし、ECモールへの集客力が高い分、多くのショップが集まっているためモール内での競争や集客をする必要あるので、
価格競争が巻き込まれてしまったりすでにある商材の参入障壁が高いなどのデメリットもあります。

また、ECモールに出店する場合は費用が発生します。
出店費用だけでなく、月々の売り上げに応じた手数料などもサービスによっては発生するので手軽にショップを立ち上げられる反面、売り上げに応じた費用なども発生してしまうことも押さえておきましょう。

service_3_2

 

ショッピングカートとは?特徴を解説

大型モールに対して、個別にオリジナルのショップサイトが作成できる独自ドメイン店舗型のサービスがあります。ショッピングカート機能を提供しているサービスとしては月額料金が無料のものと有料のものがあります。

ショッピングカートとは、ネットショップの注文を処理してくれるソフトウェアサービスのことを言います。

基本的には、自分でショッピングカートのサービスを利用し独自のサイトを立ち上げネットショップを作成するのですが、一口にショッピングカートと言っても実は様々な種類があります。

主に大規模な大手のショップが使う「パッケージ型・フルスクラッチ型」と呼ばれる0からカートシステム・サイトのすべてを開発するものや、ASP(※アプリケーションサービスプロバイダの略。ネットショップ構築機能を提供・サポートするサービスのこと)を使って、用意されたサーバーやカートシステム・サイトをレンタルするような形で利用するものがあります。

今のショッピングカートではASPを利用した方法が多いので今回はこちらをご説明いたします。

ASPを使ったショッピングカートの特徴としては、手軽に安くネットショップを作ることができることが大きな特徴です。

ASPには無料と有料の種類があり、最近では無料のサービスも増えてきたことから初期費用0円でショップを立ち上げることができるので、「まずは作ってみたい!」という初心者の方にもうってつけのサービスとして知られています。

また、有料のASPも月額料金が発生しますが、基本的に費用が安く設定されているサービスが多いので、独自の自分だけのサイトを自由に構築し、オプション機能などを充実化させたい初中級者の事業者に好まれています。

独自にサイトを作れることで、好きなように自分のショップのブランディングができることも魅力です。

デメリットとしては、モールと違い自分独自のドメインのショップを立ち上げることになるので、集客力が非常に弱いことです。
自分のお店に来てもらうための、広告やSEO対策など集客作業もしなくてはいけないので、ノウハウいが必要なことと時間と費用が掛かってしまいます。

 

さて、以上の2つのサービスに関してご説明しましたが、実際にどのサービスを選べばいいのか迷ってしまいますよね。

なのでお次は大型ECモールと無料ショッピングカート、有料ショッピングカートの3タイプについて、ネットショップ作成・運営に際してどのような違いが発生するのかを比べていきます。

▲ 目次に戻る

2.比べてみよう!ECモールと有料・無料ショッピングカートの特徴

ネットショップ作成サービスのそれぞれの特徴は以下のとおりです。(※詳しい内容はサービスによって異なる場合があります。)

service_1

では、具体的にどのような違いがあるのか、4つのポイントに沿って詳しく見ていきましょう。

(1)コスト

ECモールで考えられるコストは、販売手数料・月額費用・決済手続きの費用が考えられ、毎月のランニングコストが高くなる傾向があります。ちなみにモール出店の初期費用が高いのは、売る場所、つまりネットショップの土壌が最初から整っているためです。独自ドメイン店は用意されている枠組みを使って商品の見せ方やショップ機能についてカスタマイズする余地があるため、初期費用は無料・低めに設定されています。
無料カートなら販売手数料、オプション料金など初期にかかる費用が少なく、ネットショップ運営を始めやすい料金設定になっています。有料カートについては、決済手続きのオプション料金やデザイン制作費用など、ショップ開設にあたってまとまったコストが発生することが考えられます。

(2)利益率

大型モールや無料カートの各種サービスによっては、商品が売れた時に手数料が発生するものがあります。利益の回収に大きく影響するため、長期的に見たときに要チェック事項です!商品が売れるたびに10%の手数料が発生する仕組みだとすると、例えば【1,000円の商品が月に1,000個売れた場合】には手数料は10万円にも……。対して、有料カートには販売手数料が発生するサービスはほとんどありません。どんなに売れても、利益は全て自分のものになります。

(3)集客

欲しい商品を検索した時、上位に並んでいるのは「Amazon」や「楽天市場」の商品サイトであることがほとんどですよね。このように、入り口となる母体(モール)が大きければ大きいほど検索結果の上位に出やすくなります。そのため、お客様に商品を見つけてもらえる確率が一番高い出店方法といえるのです。

service_5

それに対して、独自ドメイン店は自分たちで積極的に広告運用やSEO対策をしないと、なかなか検索結果上位に出てきません。そのため、お客様にショップ自体を見つけてもらうことが難しく、売上につなげるまでのステップはその分多くなってしまいます。しかしきちんと対策をとれば、価格競争に巻き込まれることなく、オリジナルショップとして唯一無二の存在価値を持つことができます。
また、大型モールでは顧客情報を自分で持つことができません。独自ドメイン店であれば(※一部無料カート除く)顧客情報を保持できるため、メールマガジンを送るなど、販売促進の企画を実施する際に非常に便利です。

(4)デザインの自由

モール店舗は、デザインや商品掲載に関してルールが設定されている場合があります。そのため、イメージのつく方もいらっしゃるかと思いますが、ある程度統一された見た目になるのです。ショップ自体のデザインというよりは、商品自体の性質や数で勝負していく運営方法になりそうです。

service_6

無料カートにはいくつかのショップテンプレートが用意されているため、商品があれば登録するだけで手軽に始められます。また有料カートには、テンプレートが用意されているだけでなく、それを自在にカスタマイズしていくことが可能です。ショップのブランドイメージをデザインで表現して独自性を高めるのにぴったり。

service_4 2

カラーミーショップご利用事例ページ >>

 

▲ 目次に戻る

3目的別!あなたに合ったネットショップ作成サービスの選び方

最後に、運営方法別のおすすめ出店方法をご紹介します!

手間を掛けず、商品がたくさんあって汎用的な型番商品などを量販したい

大型モールがおすすめです。
⭕️【メリット】売る場所を整備する必要がなく、出品するだけ!量販タイプのショップに向いています。
❌【デメリット】月額費用が高く、出店ルールがきっちりと決められています。初めてのネットショップ運営や流通の少ないオリジナル商品などは相性が良くありません。

 

ネットショップ運営に初めて挑戦する

無料カートがおすすめ!
⭕️【メリット】なんといっても、手軽に始められるのがポイント◎販売金額が少なければ販売手数料の負担が少ないため、ネットショップ運営を一から試してみたい方向けです。
❌【デメリット】販売額が高くなってくると、発生した利益もその分多く取られてしまいます。また、販売促進に使える機能が少なく、集客やリピーター施策ができないという難点も。

 

実店舗等ですでに販売されているものをネットで販売したい

有料カートがぴったりです!
⭕️【メリット】デザインの制限がほとんど無いため、すでに持っているショップブランドの印象を崩さずにネットショップ運営を始めることができます。さらにカラーミーショップはテンプレートデザインの変更が自由自在◎思い通りのショップづくりを叶えることができます。
❌【デメリット】売上を上げるまでの道のりが長い傾向があります。こだわりのショップを作るためにデザイン制作のコスト、認知を広げるために積極的な広告運用・SEO対策が必要です。

▲ 目次に戻る

以上のサービスをじっくりと比較して、あなたのやり方に合ったあなただけの理想のネットショップを作ってみてくださいね。