よむよむカラーミー
ネットショップ運営を、
もっと楽しく。

ネットショップの広告費用の目安は?広告予算の決め方を解説!

リスティング広告、リターゲティング広告、Googleショッピングなど、ネットショップを運営するために集客・広告ツールの利用を検討している方も多いでしょう。ですが、広告を出そうと思っても「広告費にいくらかければいいのか」迷ってしまいますよね。少なすぎて効果が出ないのは避けたい一方で、不要に広告費をかけすぎると経営を圧迫しかねません。

そこで今回は、広告費をいくらに設定すればいいのか悩んでいる方向けに、カラーミーショップが考える「広告費の目安の決め方」をご紹介します。必要な数値や計算方法を詳しく解説しているので、簡単におおよその広告費を出すことができます。

ツクルくん
ツクルくん

ネットショップの広告を出したいけど、広告にいくらかければいいのか、どうやって決めたらいいんだろう?

カラミちゃん
カラミちゃん

広告費の予算は、広告経由で獲得したいアクセス人数や売上をベースに計算して算出します。今回は、その手順をわかりやすく解説します。

広告費の予算を決めるための準備

広告費の予算を出す前に、必要な数字の確認や広告の目的を決めましょう。

準備1:計算に必要な数字を確認する

広告費の予算を決めるには、まずは現状を把握します。
ご自身のネットショップの以下の3つの数字をチェックしましょう。

  • ・アクセス人数
  • ・購買率
  • ・平均購入単価

これらの数字は、Googleのアクセス解析ツール「Google Analytics(グーグルアナリティクス)」で確認が可能です。カラーミーショップで開設している場合はオリジナルアクセス解析ツール「アクセスプラス」、もしくは管理画面で確認することができます(数字の見方はこちら

準備2:アクセス人数か売上か、伸ばしたい数値を決める

予算を決めるにあたり、次に「どの数値を伸ばすために広告を出すのか」、広告の目的を決めましょう。
ネットショップの広告は、大きく分けて2つの目的に分かれます。

・アクセス人数:知名度をあげたい・新規顧客を増やしたい場合(全店舗向け)
・売上:売上を伸ばしたい場合(ある程度購入者がついている店舗向け)

このように、目的によってどの数値を伸ばせばいいのかが決まります。ご自身のネットショップが今どの段階にあるのかを考え、目的を決めましょう。なお、カラーミーショップでは、月間のアクセス人数が500以下の場合はまず、アクセス人数を上げることをおすすめしています。

広告費の予算の決め方

準備ができたら早速、広告費の予算を決めていきます。まずは、アクセス人数を上げるために広告を出す場合の予算の決め方を見てみましょう。

アクセス人数を伸ばしたい場合の広告予算

アクセス人数(訪問顧客数)を伸ばしたい場合、広告予算の目安を出すのは簡単です。
広告ツールには大体のクリック単価が出ていますので、まずその単価を確認します。

例えば訪問顧客を1カ月あたり300人増が目標で、広告のクリック単価が100円の場合は以下の計算式になります。

  • 1カ月の広告予算
    目標訪問顧客数×クリック単価=広告予算
  • 300人×100円=30,000円

※手数料などが含まれる場合はそれも加算します

このように、アクセス人数を伸ばしたい場合の広告予算は、目標とするアクセス人数とクリック単価を元にすればすぐに出せます。

売上を伸ばしたい場合の広告予算

売上を上げることを目的に広告予算を決める場合は、ある程度信用できるくらいの購入データとアクセスデータがそろっている必要があります。そのため上記にもあるように、ある程度の購入者がついてから広告による売上アップを目指しましょう。データがそろっている場合は、以下の手順で広告予算を出していきます。

1.売上目標を決める

いくら売上を伸ばしたいのか、まずは売上目標を決めましょう。
今回は広告経由の売上を1カ月で10万円にすることを目標とします。

2.顧客平均購入単価を確認する

次に、顧客の平均購入単価を確認します。顧客のデータは、多いほうが信頼性は高くなります。過去の売上単価の平均値を出すことで求めることもできます(数字の見方はこちら)。

3.目標金額の達成に必要な購入顧客数を計算する

顧客の平均購入単価がわかったら、何人が購入すれば目標金額の10万円になるか、必要購入顧客数を以下のように計算します。今回は、仮で平均の顧客購入単価を4,000円とします。

  • 1カ月の必要購入顧客数
    目標金額÷平均購入単価=必要な購入顧客数
  • 100,000円÷4,000円=25人

これで10万円という売上目標を達成するためには、1カ月あたり25人の顧客に購入してもらう必要があることがわかりました。

4.必要な訪問顧客数(アクセス人数)を計算する

さらに、何人にサイトへ訪問してもらえれば、先ほど出した購入顧客数(25人)を達成できるのか、必要な訪問顧客数(アクセス人数)を計算します。

まずは、購買率を確認します(数字の見方はこちら)。
仮に購買率を5%とすると、以下のように計算できます。

  • 1カ月の必要訪問顧客数(アクセス人数)
  • 購入顧客数÷購買率=必要訪問顧客数
  • 25人÷0.05=500人

これで、売上目標10万円を達成するためには、1カ月あたり500人にサイトに訪れてもらう必要があることがわかりました。

5.訪問顧客数から広告予算を設定する

集客すべき訪問顧客数(アクセス人数)がわかったので、これに対してどのくらい予算がかかるかを計算していきます。

まずは広告ツールで、大体のクリック単価を確認します。
今回は、仮でクリック単価を60円とします。

  • 1カ月の広告予算
  • 訪問顧客数×クリック単価=広告予算
  • 500人×60円=30,000円

※手数料などが含まれる場合はそれも加算します

これで1カ月あたりの売上目標を達成するための広告予算の金額がわかりました。

6.広告予算を調整する

以上の計算から10万円を売り上げるための広告予算は30,000円であることがわかりました。
一方で、一般的には「広告費は売上目標の30%程度」ともいわれています。

今回はちょうど売上目標の30%の金額になりましたが、計算した結果、もし広告予算が売上目標の30%を大幅に超えてしまうような場合は、少し予算を抑えるなど調整しましょう。

広告費が経営を圧迫しないためにも、まずは売上の30%程度を広告予算の目安とすることをおすすめします。

売上目標を達成するための計算式のまとめ

上記の計算を一つの式にまとめると以下のようになります。

  • 1カ月の広告予算
  • ((目標金額÷平均購入単価)÷購買率)×クリック単価=広告予算
  • ((100,000円÷4,000円)÷0.05)×60円=30,000円

広告の売上効果はLTVで考える

広告コストに対する売上効果としては、LTVで見ましょう。LTVとはライフ・タイム・バリューの略で、日本語では「顧客生涯価値」と呼ばれます。LTVは簡単にいうと、リピートも含め、お客さまが生涯にわたってどれくらいの利益をもたらしてくれたかの指標です。

できれば数年単位で見るのが望ましいですが、データが集めにくいため、年単位で概算を見積もることをおすすめします。

まず顧客の1年あたりの平均購入回数を出します。
例えば平均単価4,000円で年間の平均購入回数が3回、広告経由の購入者数が25人とすると、以下の計算ができます。

  • 1カ月の広告コストに対する売り上げ効果の見方
  • 平均購入単価×平均購入回数×広告経由の購入者数(1カ月間)=広告経由の売上
  • 4,000円×3回×25人=300,000円

1カ月分の30,000円の投資に対しての売上は概算で300,000円となりました。
このように、顧客のリピート売上も踏まえて、広告投資をすると良いでしょう。

まとめ:目標に合わせて広告費を決めよう

今回は、ネットショップの広告費の予算の決め方についてご紹介しました。広告予算は、目標とする売上やアクセス人数をベースに計算するのがおすすめです。
また、広告を効果的に使うには、自社のネットショップの状況に合った目標を設定することが重要です。ぜひ、この記事を参考にネット広告の予算を立ててみてください。

よくある質問

ネットショップの広告費はどのように決めたらよいですか?

まずは、広告費を出すための数字である「アクセス人数」「購買率」「平均購入単価」を調べましょう。そして、売上かアクセス数かどの数字を伸ばしたいのかを考えましょう。
こちらの章で、広告予算の立て方の準備について説明しています。

アクセス人数を伸ばすための広告予算を決めたいです。

アクセス人数(訪問顧客数)を伸ばしたい場合は、「目標訪問顧客数×クリック単価=広告予算」という計算式で広告予算が立てられます。
売上を上げるための広告予算の計算はもう少し複雑ですので、こちらの章でご確認ください。