よむよむカラーミー
ネットショップ運営を、
もっと楽しく。

Instagram販売でネットショップの売上アップをしよう!連携アプリの設定方法を解説!

主に写真の共有ツールとして認知されているInstagramですが、ショッピングにも便利な機能があります。今や日本での利用者が3,300万人を超え、4人に1人が使っている人気のSNS。うまく活用して売上向上につなげましょう。

ツクルくん
ツクルくん

Instagramって商品の写真を紹介するものだと思ってたけど、ショッピング機能ってどういうことだろう?

カラミちゃん
カラミちゃん

その疑問を解消するために、この記事ではInstagramから商品ページに誘導する方法や、そのために必要なアプリの連携について説明していきます!

目次

「Instagramショッピング機能」とは?

Instagramショッピング機能とは、投稿した写真にURLタグを付けて、オンラインショップの商品ページに誘導できる機能です。
投稿された写真を見て興味を持ったユーザーさんに、Instagramの画面上で商品情報や価格などを伝えることもできます。URLがリンクされていることで、ユーザーさんは別途ブラウザなどで検索する手間も不要となり、購入意欲が高いままの来訪につながります。

Instagramは一度に複数の画像を投稿できますが、ショッピング機能では画像ごとに複数のURLタグを設置可能です。
複数の商品をスライドで提案し、リンクではそれぞれの類似商品もタグ付けしておくなど、自店の中で比較検討を完結させたり、まとめ買いの促進を狙ったりすることができます。

他にも関連商品を紹介することで客単価の向上が期待できるなど、ネットショップの販売促進に大きく貢献する機能です。

ショッピング機能がおすすめなのはこんな人

  •  ネットショップだけで流入数が少ない方
  •  購入率をUPしたい方
  •  複数商品のまとめ買いを促進して客単価の向上につなげたい方
  •  流入導線が自然検索のみという方

カラーミーショップのアプリ「Instagramショッピング連携」とは?

「Instagramショッピング連携アプリ」は、カラーミーショップに登録している商品をFacebookカタログに連携し、その中から選択した商品をInstagramでタグ付けして投稿することで、簡単にInstagram ショッピング機能を利用できます。

Facebookカタログとは、FacebookとInstagramで宣伝、販売するアイテムの情報をまとめる機能です。商品、目的ごとなど、さまざまな種類のカタログを作成できます。

Instagramショッピング連携アプリとFacebookカタログの連携後は、毎日午前1時に自動で商品情報が更新されるので、手動で更新作業を行う手間が削減されます。

「Instagramショッピング連携」アプリのご契約がまだの方はこちら

Instagramショッピング設定の前に確認・準備すること

Instagramのショッピング機能を利用する前に、この記事でしっかり事前確認をして、準備が出来た状態で連携していきましょう。

    1.  Facebookの提供者契約・コマースポリシーで、禁止や制限がされている商品を販売していないか確認する
    2.  Facebookアカウントと、ショップ用のInstagramビジネスアカウントを準備する
    3.  スマートフォンにInstagramアプリをダウンロードする
    4.  FacebookとInstagramそれぞれのアプリにFacebookアカウントでログインできる状態にする

以上の条件をクリアすることで、ショッピング機能を追加可能です。
ここまで出来たら次の項目で紹介する手順を確認しながら、実際にInstagramとFacebookを連携していきましょう。

Instagramショッピング連携をする手順

Instagramショッピングとの連携は、途中でつまずく方も多いので1つずつ手順を説明していきます。
紹介する手順に沿って連携を完了できれば、商品ページへのアクセス増加などが期待できます。諦めずに連携を行いましょう。

Instagramアカウントを「ビジネスプロフィール」に切り替える

ビジネスプロフィールとは、Instagramをビジネスに活用するためのアカウント設定のことです。
ビジネスアカウントの設定は無料です。

ビジネスプロフィールへの変更手順

    1.  スマートフォンでInstagramアプリを開き、画面右上のメニューをクリック
    2.  メニューにある設定内の「アカウント」をタップ
    3. 「プロアカウントに切り替える」をタップ
    4. 「ビジネス」を選択する
    5. 「フォロワーに関する情報をチェック」と表示されたら「次へ」をタップ

InstagramアカウントとFacebookページをリンクする

    1.  ショップに当てはまるカテゴリを選択する
    2. 「新しいFacebookページを作成」をタップ
    3.  下部の「作成」をタップ
    4.  店舗情報を入力する画面が表示されたら、お店のメールアドレス、電話番号、住所を入力
      ※電話番号を登録する際、日本国内のショップアカウントはかならず「JP」に設定しておきましょう!

この手順で、InstagramアカウントとFacebookページをリンクすることが出来ます。
既にFacebookページをお持ちの方は、手順3で作成したアカウントを選択することで連携完了です。
お持ちでない場合は、手順に沿って他の人とかぶらない名前で作成しましょう。

次からは、カラーミーショップとFacebookを連携する方法を紹介していきます。

本アプリとFacebookを連携する

カラーミーショップに登録している場合、Instagramショッピング連携アプリのトップページにある【Facebookでログイン】ボタンをクリックすることで、アプリとFacebookが連携できます。

インターネット環境により、上記の画面が表示されない可能性があります。
その場合は、推奨環境の「Google Chrome」または「Firefox」にてお試しください。

Facebookページを選択する

上記手順にて作成したFacebookページを選択して、「次へ」をクリックしましょう。
※連携には、InstagramでリンクされたFacebookページを選択する必要があります。

Facebookカタログにカラーミーショップに登録している商品を連携する

連携したFacebookページに紐付いているFacebookカタログを選択しましょう。

Facebookカタログがない場合は、「新しいカタログを作成」より作成することが出来ます。
Facebookカタログを選択した後に、カラーミーショップに登録した商品とFacebookカタログを連携してください。

Instagramアカウントの審査 ※審査には数日かかる場合があります

カラーミーショップとFacebookカタログの連携が完了したら、次にスマートフォンのInstagramアプリに移動してショッピング登録を行います。
ショッピング登録は、以下の手順で行うことが出来ます。

    1.  Instagramアプリのプロフィールの設定にアクセスし、「ビジネス」をタップ
    2. 「ショッピングに登録」をタップ
    3.  Instagramのショップ登録画面から「スタート」をタップ
    4.  商品を登録したFacebookページを選択して「送信」をタップ

審査はFacebook側で行われるため、審査にかかる期間はデータ量などによって変動します。
審査に落ちてしまった場合は、Facebookのポリシーに沿った内容か再度確認して、修正した内容で再度ショッピング登録を行いましょう。

Instagramで商品をタグ付けして投稿する

審査が完了したら、投稿したい商品の写真にタグをつけることで、各商品ページにリンクすることができます。
1枚の写真に複数のタグを付けることも可能なので、複数タグ付けで商品をアピールしていきましょう。

Instagramアプリで「ドメインを認証してください」という表示が出た場合

2020年のInstagram仕様変更により、ショップの所有者の確認をするためドメイン認証の設定が必須となりました。
ドメイン認証の設定を、以下の手順で行っておきましょう。

    1.  Facebookの「ビジネスマネージャ(https://www.facebook.com/business/tools/business-manager)」にアクセス
    2.  左メニュー内「ビジネス設定」をクリック
    3.  左メニュー内「ブランドセーフティ>ドメイン」へ遷移して【+追加】をクリック
    4. 「ドメインを追加」画面で「ドメイン名」にショップページのドメインを入力
    5.  再度「ブランドセーフティ>ドメイン」へ遷移
    6. 「Meta-tag Verification」タブをクリック
    7. 「1.」に表示されたメタタグ(<meta name〜>)をコピー
    8.  別途『カラーミーショップ』の管理者ページを開き「集客>検索エンジン対策」に遷移
      ▽検索エンジン対策(要ログイン)
      https://admin.shop-pro.jp/?mode=design_base
    9. 「headタグ内フリースペース設定」に手順7でコピーしたメタタグをペースト
    10. 【更新】をクリック
      手順6の画面に戻り、【認証する】をクリック

こちらの動画でも、ドメイン認証の手順を紹介していますので御覧ください。

Instagramショッピング連携をする際のよくある質問

ここでは、ショップ運営者がよく疑問に感じる内容をまとめました。
本記事で疑問に感じた部分がある際は、参考にして解決しましょう。

Q. 手動での連携とアプリでの連携の違いは?

新規商品や商品情報の更新が、手動か自動かの違いです。

手動:無料。CSVファイルが必要。商品をカタログに追加する場合も手動。
アプリ:有料。CSVファイルは不要。商品の追加は自動で連携。

どちらも、事前準備となるInstagramとFacebookの連携作業は手動で行う必要があります。

Q. 正しくInstagramとFacebookが連携できているか確認する方法は?

スマートフォンのInstagramアプリを開き、右上のメニュー「設定→アカウント→リンク済みのアカウント」で連携されているか確認できます。

Q. 審査状況の確認方法はありますか?

審査状況について、サイトやアプリ上では確認できません。審査が完了するとInstagramアプリに通知が届きます。
審査結果は、通知以外にも「Instagram設定画面→ビジネス→ショッピング」で確認可能です。

なお、ショッピングタブが表示されていない場合、審査中、もしくは審査がはじまっていない可能性があります。

Q. なかなかタグ付けできるようになりません

「審査が完了していない」「Instagramの利用規約に違反する行為が見られた」「アカウント制限」「Instagramの不具合」などが考えられます。

審査が完了している場合、何日か後に改めてタグ付けを試してみましょう。それでもタグ付けができない場合、警告が届いていないか確認して、警告内容に応じて対処しましょう。

Q. 審査に通過しない原因はなんですか?

審査に通過しない原因はアカウントごとに異なります。
まずはInstagram・Facebookの利用規約を確認して、規約に反している箇所がないかご確認ください。該当箇所があれば修正のうえ再審査を行いましょう。

Q. 審査に落ちたようですが、どうすればいいですか?

Instagramショッピングの要件に反していないかをご確認ください。
反していない場合、再審査をお試しください。

再審査前に行っておくべきこと

■【PCで行うこと】Facebookページの設定より、InstagramとFacebookのリンクを解除

    1.  Facebookのページを開き、右上の「設定」をクリック
    2.  左側のメニューバーからInstagramをクリック
    3.  ページ一番下の「リンクを解除」をクリック

■【PCで行うこと】Facebookページのカテゴリを、物販またはEコマースに関わるもの(例:製品・サービス/アパレルなど)に変更
※アーティスト・メディアなど、物販と関係ないカテゴリは審査に落ちる可能性が高いようです。

    1.  Facebookページの中央上部にある「・・・」をクリック
    2. 「ページ情報を編集」をクリック
    3.  カテゴリの欄を販売している商品
      ※アパレル、バッグなどを入力するとサジェストがでてくるので、マッチ  しているものを選択
    4. 「変更を保存」をクリック

その後、Instagram連携を改めて始める。

上記の手順を行っても1週間以内に審査に通らなかった場合は、新規ページを新しく作成して再試行してください。
Facebookページに何も投稿していなくても、Facebookページのカテゴリが「ブランドまたは製品」カテゴリ関連であれば審査に通ることがあるようです。

Q.(手動更新の場合)新しいCSVをあげるたびに再審査になるのでしょうか?

新しく追加された商品は、Facebook側で審査があるようです。
審査手順や期間などは公開されていません。

Q.(手動更新の場合)ダウンロードしたデータが文字化けしています

CSVデータを開くツールと、データの文字コードの違いで文字化けが発生します。そのため、ダウンロードしたデータを開かずにアップロードをお試しください。

Excelでの文字化けは、文字コードを変換できるExcel以外のツールをご利用いただくことで回避が可能です。

まとめ

Instagramのショッピング機能を使うことで、大きな費用をかけることなくSNSから商品ページへの流入が期待できます。

Instagramに商品説明や複数の商品を組み合わせて投稿することで、購買意欲の高いユーザーの獲得や、まとめ買いにも繋がるでしょう。

ネットショップ運営で売上を上げたい方にとって、おすすめな販売導線ですので、本記事を参考に是非挑戦してみてください。

「Instagramショッピング連携アプリ」の詳細はこちら