よむよむカラーミー
ネットショップ運営を、
もっと楽しく。

インスタグラムのリールとは?投稿方法や差がつく使い方もご紹介

国内で3,300万人以上が利用しているInstagramは、日常の写真を投稿するSNSとして始まりましたが、今やビジネスにおけるマーケティングツールとしても欠かせない存在となりました。
そのInstagramに、2020年8月「リール(Reels)」という機能が追加されました。現在、動画コンテンツは大きな注目を集めていますので、SNSで集客を考えている方はぜひとも利用したい機能です。
そこで今回は、Instagram新機能である「リール」の基本的な使い方について詳しく開設していきます。

ツクルくん
ツクルくん

「リール」機能を使って動画投稿したいけど、動画編集ってなんか難しいイメージ……

カラミちゃん
カラミちゃん

確かに動画編集はハードルが高そうに見えますね。でもInstagramの「リール」に高度な編集技術は必要ありません。誰でも簡単に使える機能です!

インスタグラムの「リール」とは?

「リール」は、最大60秒のショート動画をシェアする機能です。スマホで撮影した動画をアップロードして繋ぎ合わせたり、さまざまなテンプレートに合わせたクオリティの高い動画編集を簡単に行えたりと、今最も注目されている機能です。

縦横比9:16の縦長動画

「リール」の特徴として、動画の画角がスマホの画面に合わせて縦長(9:16)サイズとなっていることが挙げられます。これは、インスタの「ストーリー(Stories)」や最近若者から人気を集めている「TikTok(ティックトック)」と同様の画角です。

テレビなどと同じ横長16:9の画角だと、わざわざスマホを横に傾けないと動画を全画面で表示できません。それに対して9:16の画角であれば、スマホの持ち方がそのままでも全画面で動画を表示することができます。このため、最近の動画は縦長9:16の画角がトレンドです。

インスタ「ストーリー」や「IGTV」との違い

インスタ「ストーリー」と大きく違うのは、「ストーリー」が24時間で消えるのに対して、「リール」が自分のインスタページに残ることです。そのため、インスタ「ストーリー」ほどカジュアルには投稿はできませんが、長尺動画投稿の「IGTV」に比べるとカジュアルに投稿できるような仕組みとなっています。

「TikTok」との違い

「TikTok」とInstagramのリールは「ショート動画をシェアする」という機能を見ると一緒ですが、ユーザー層とアクションが大きく違います。TikTokのユーザーは学生など若年層が中心で、主に音楽に合わせたダンス動画などが多くシェアされています。一方、Instagramは幅広いユーザーが使用しており、ファッションやカフェといったおしゃれな写真の共有を目的としたものから、それぞれの趣味を発信するアカウントなど用途が多岐に渡ります。

リールの動画の時間はどれくらい?

「リール」は最大60秒の動画を投稿することができます。短い動画をサクサクと閲覧できるところが人気の秘訣となっています。

インスタグラムの「リール」を使うメリット

フォロワーが増えやすい

「リール」はフォローに関係なく表示されるので拡散力が高いです。この特性を生かして、「リール」で優良なコンテンツを投稿することで多くのフォロワーを獲得することができます。

ブランドの認知拡大

前述の通り、リールは拡散力が高いためブランドの認知拡大に有効なツールです。「リール」をたくさん投稿することで多くのユーザーにリーチして、ファンや潜在顧客を発掘しましょう。

ブランドイメージを伝えやすい

写真と違って動画はたくさんの情報を詰め込むことができるので、ブランドイメージをより明確にフォロワーに伝えることができます。例えば、アパレルなどであれば商品の質感や着用した時のイメージは動画の方が伝わりやすいといった具合です。

インスタグラムで「リール」を投稿する方法は?使い方基本手順

1. プロフィールページから右上の+ボタンをタップし、オプションの「リール」を選択します。

2. 撮影ボタンを押すことで撮影ができます。

3. 左側に表示される5つのツールを使用すれば、自分好みの動画を撮影することが可能です。

・音源:自分の好みの音楽を選べます。選択したら、音楽の長さを調整します。
※著作権の関係上、ビジネスアカウントでは使用できないものもあります

・長さ:動画の長さを15秒・30秒・60秒に変更できます。

・速度:動画をスローにしたり速度をあげたり、細かい調整ができます。

・エフェクト:クリエイターが作成したさまざまなエフェクトを使用することができます。

・位置合わせ:前の動画の位置が薄く表示されるので、動画のつなぎ目を調整する時に便利な機能です。

4. プレビューをタップし、「ストーリー」と同様の画面になりテキストなどを追加することができます。

5. 「フィード投稿」と同様の画面になり、キャプションやハッシュタグ、タグ付けなどを行います。

6. シェアをタップして投稿完了。

※別アプリなどで編集する方は、カメラロールにある動画や写真も追加することができます。

差がつく「リール」のやり方・作り方を紹介!

最初の1~2カットをインパクトのある映像にする

「リール」の再生回数を伸ばすコツは、最初の1〜2カットをインパクトのある映像にして視聴維持率を高く保つことです。
「リール」はスマホの画面を下から上にスライドすることで簡単に次の動画に遷移可能なので、ユーザーは一瞬で動画を視聴するかどうかを無意識的に判断しています。そのため、最初の1〜2カットをインパクトのある映像にして、ユーザーの目を止めて動画を最後まで視聴してもらいましょう。

伸びやすいBGMを採用する

「リール」を視聴していて、「この音楽よく流れるな」と思ったことはないでしょうか? これは流行っているBGMを使うとリールの視聴数が伸びやすくなるからです。「リール」でよく流れる聴き馴染みのあるBGMを使うことで、ユーザーが動画を飛ばす確率を減らすことができます。

動画のテンポ(カット)を速くする

繰り返しになりますが、「リール」の再生回数を伸ばすコツとして一番大切なのは、動画の視聴を維持することです。少しでも長く動画を視聴してもらえるように、だらだらと長尺のカットを使用するのではなく、テンポよく短いカットをつなぎ合わせた動画にして、ユーザーを飽きさせない動画にしましょう。

おすすめの編集アプリ

iMovie(アイムービー)

「iMovie」はApple社が提供する動画編集アプリです。
iPhoneが初期の状態からダウンロードされており、無料で利用することができます。

https://apps.apple.com/jp/app/imovie/id377298193?v0=www-jp-ios-imovie-app-imovie

CapCut(キャップカット)

「CapCut」は簡単な操作と豊富なフィルター・エフェクトが用意されており、初心者でも躍動感あふれる動画が作成できます。

https://apps.apple.com/jp/app/capcut/id1500855883

まとめ

いかがだったでしょうか?
今回は、Instagramの新機能である「リール」の基本的な使い方について詳しく解説いたしました。投稿方法や差がつく使い方もご紹介しましたので、そちらも合わせて参考にしてみてくださいね。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

カラミちゃん
カラミちゃん

Instagramの関連記事としてこちらも見られていますのでぜひチェックしてみてくださいね!


よくある質問

PCで編集した動画を「リール」に投稿することはできますか?

はい、できます。ただ、現状だとPCから投稿することはできないので、MP4などの形式で動画を書き出してから、スマホに転送することで投稿ができます。

どのように「リール」を投稿するのがおすすめですか?

スマホの普及や通信スピードの高速化によって、動画コンテンツは次々に消費されていき、常に新しいコンテンツが求められています。ですので、クオリティよりもスピード感を意識した動画作りがポイントです。最低限のクオリティを保ちつつ、どんどん新しい動画を投稿することを意識しましょう。