よむよむカラーミー
ネットショップ運営を、
もっと楽しく。
ネットショップ運営を、
もっと楽しく。
MENU
気になるワードは?
ネットショップ運営者向けのInstagramのストーリーズの使い方

インスタグラム「ストーリー」の効果的な使い方とは?ネットショップの事例と合わせて紹介

Instagramの人気の機能の一つである、「ストーリー」。

「ストーリー」とは、スライドショーのような形式で、画像や動画が投稿できるインスタグラムの機能の一つで、集客に活かしたり、さらに売り上げにつなげるうえで使いこなすことはもはや必須になりつつあります。

とはいえ実際に「ストーリーって何?どうやって使えばいいのかわからない」という方も多いのではないでしょうか。

今回はInstagramの「ストーリー」の機能の説明から、効果的な使い方も含めて、上手く活用しているネットショップさんの事例を交えてご説明していきます。

1. Instagramのストーリーって何?

「ストーリー」とは、スライドショーのような形式で、画像や動画が投稿できるインスタグラムの機能です。正式名称は「ストーリーズ」ですが、主に「ストーリー」と省略して呼ばれていることが多いです。

 

カラーミーショップのストーリーの参考

ストーリーで投稿された写真や動画はトップ画面上部のストーリーレイに表示され、24時間後に自動的に削除されます。この24時間で消えてしまう仕組みや、写真+短いコメントのみで投稿できる気軽さが人気を集めています。

Instagramの上の部分の説明画像

2. ストーリーの機能と効果的な使い方って?

宣伝ツールとしてのストーリー活用例は数多くありますが、いざ実際に触って見ようとしてもどの機能を使ったらいいのか迷ってしまいますよね。ここではネットショップ運営に効果的なストーリー機能をいくつかご紹介します。

デコレーション機能

ご存知の方も多いと思いますが、ストーリーにはフィード投稿よりも豊富で簡単なデコレーション機能があります。セール時はとにかく目立たせたり、統一感のあるデザインでブランドイメージを演出したり、多くのショップで個性が光る工夫が行われています。

Q&A機能

ストーリーのスタンプ機能のなかに、Q&Aスタンプというものがあります。フォロワーに質問を投げかけたり、メッセージ、ご意見などを募る場面で利用されています。ユーザーの悩みを知りたい!コンテンツのネタが欲しい!という時、気軽に活用してみましょう。

ハイライト機能

通常ストーリーは投稿から24時間後に自動で消えてしまいますが、このハイライトを利用すると再度プロフィール上に表示させ続けることができます。過去に投稿したストーリーをカテゴリー分けして表示することもできるので、プロフィール画面の充実にもつながります。

サムネイルの画像も自由に変えることができるので、統一感を持たせたデザインにすることもできます。

リポスト機能

「リポスト」機能を使うと、誰かが自分のアカウントをタグ付けしたストーリーを自分のストーリー上でも投稿することができます。タグづけされると通知が来るので「これをストーリーズに追加」というリンクをタップすればリポスト画面に移ります。ツイッターの「リツイート」と似た機能です。

リンク機能

ストーリーにリンク(URL)を添付しユーザーを外部のページに遷移させることができる機能で、フォロワー1万人以上から利用できるようになります。ストーリーから自社サイトや商品ページへの導線をしっかり作ることができるので、フォロワーが増えてきたら利用してみたい上級者向けの機能です。

▶︎本気でフォロワーを増やしたい!そんな方は「ガツンとInstagramのフォロワーと増やす!超大事な5つのポイント」も合わせてチェックしてみてください

 

3. インスタグラム「ストーリー」を使ったネットショップ活用事例4選

上記ではストーリーの効果的な機能をご紹介しました。とは言え、ネットショップのアカウントでは実際どんな風に上手く使われているのか気になるところですよね。ここではストーリーの活用を工夫して行なっている4つのネットショップさんをご紹介いたします。

器と生活雑貨のお店 イロドリ

鹿児島県で、作家さんのうつわや生活雑貨などを販売しているネットショップ「イロドリ」さん。

イロドリさんはストーリ-の中でも、リポスト機能を上手に活用しているのが特徴です。お客さんが商品とともに投稿してくれたストーリーに 「ありがとうございまストーリー」と名付けリポストしています。お客さんに感謝の気持ちを伝えるだけでなく、より多くの人に身近な形で商品の使用感を拡散できるな活用方法です。

イロドリさんのInstagramアカウントはこちら

 

BALANCE STYLE バランススタイル

サッカーのあるファッションライフをコンセプトにサッカー選手が愛用するブランドを取り扱うセレクトショップ、「BALANCE STYLE」さん。

「BALANCE STYLE」さんのぜひ真似したい点は、ストーリーを使ったお客さんとスタッフさん同士の豊富なコミュニケーションにあります。ストーリーではQ&Aをはじめとする多くの機能を取り入れ、お客さんの声を積極的に反映させたコンテンツを日々発信しています。自分のお店でも質問コーナーなどをストーリーでやってみてはいかがでしょう。

バランススタイルさんのInstagramアカウントはこちら

 

パンと日用品の店 わざわざ

ネットショップわざわざさんの画像

長野県東御市にあるパンと日用品の店「わざわざ」さん。

わざわざさんは独自のハッシュタグ「#わざわざで買えます」の使用したり、ライブ感を活かした再入荷情報などの発信を行うなどInstagramを上手く活用しているので非常に参考になります。リアルな使用感が伝わるキャッチコピーも、思わず「これ欲しい!」とSNSを見ている人に思わせるところもポイントです。

わざわざさんのInstagramアカウントはこちら

 

山藤(yamatou)

老舗の職人が作る日本製の革財布を東京の実店舗やネットショップで販売している「山藤(YAMATOU)」さん。

山藤さんは動画を活かした「工場見学」ストーリーを発信しているところが魅力的なポイントです。普段見ることのできない工場の裏側がここで公開されています。ストーリーならではの大きな画面が臨場感を生み出し、本当に見学に来たような体験ができます!

山藤さんのInstagramアカウントはこちら

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はInstagramの「ストーリー」の機能の説明から、効果的な使い方も含めて、上手く活用している4つのネットショップさんの事例を交えてご説明いたしました。

ぜひ、事例のショップさんの取り組みを参考に、Instagramのストーリーを使って集客や売り上げアップに活用していきましょう。