よむよむカラーミー
ネットショップ運営を、
もっと楽しく。
ネットショップ運営を、
もっと楽しく。
MENU
ネットショップを無料体験してみる
気になるワードは?
メルマガとは?のサムネイル画像

メルマガとは?送り方からメリットまで基本知識を解説!

メルマガとは、自社の顧客に対してダイレクトに送る告知媒体のことで正式名称をメールマガジンと言い、企業やネットショップの有効な販促手段として昔から知られています。

今回は、メルマガをこれから使ってみたいと思っている方向けに、基本的な形式や文章の書き方、配信の方法、メルマガのメリットを生かし、上手に活用するための基礎知識を解説します!

石井カラ美
石井カラ美

ぜひぜひショップ運営の参考にしてくださいね!

メルマガとは

メルマガとは、自社の顧客に対してダイレクトに送る告知媒体のことで正式名称をメールマガジンと言います。

運営者からユーザーに届けることのできる継続的なメッセージで、よりユーザーとつながりを持つことができるというメリットがあり広く活用されています。販売促進やノウハウの提供など使い道に決まりはなく、発信する側が主体となれる非常に柔軟なマーケティングツールです。

メルマガはキャンペーンや告知ほか、突発的なイベント告知などにも活用することができ、有効に活かすには不定期であったとしても継続的に行うことを前提に戦略を立てる必要性があります。

また、ユーザーをサービス購入などに導かなければならないことから、キャッチーなタイトルや配信時間などには工夫が必要です。

広告にはコストが発生しますが、メルマガは電子メールなのでコストはかかりませんし、大体はその商品やサービスに興味関心の高い人に向けて発信しますので、費用対効果の高い販促を期待できます。広報ツールとして使うと戦略次第では低コストで高い効果を発揮する場合があります。

メルマガのメリットは何?

1.スピーディーに新しい情報をコアなターゲットに届けることができる

情報をスピーディーに発信できることはメルマガの最大のメリットです。
伝えたい情報を端的に記載し、購読者に対して一斉配信するという作業だけなので、他の媒体や広告などに比べると圧倒的に早く、コアなターゲットに向かってダイレクトに情報発信することができます。

2.広告コストの削減につながる

メルマガのコストは、基本的には文章作成の労力のみ。
大量に送信しても、他の広告に比べ、費用を抑えて運用することが可能です。

3.ユーザーとのつながりを強固にする

自社の顧客に定期的に情報発信をすることにより、さらに強いつながりを構築することが期待できるのもメルマガのメリットと言えます。SNSなどの発信はタイムライン上を流れていってしまう可能性がありますが、メルマガはメールがメールフォルダに直接届きます。送信してから時間が経過しても、開封され情報を確実に確認してもらえる確率は高くなります。

知っておこう!メルマガには2つの形式がある!

まずメルマガの基本的な仕組みについて解説します。
メルマガには2つの形式があり、一つはテキストメール形式、もう一つはHTMLメール形式になります。

1.テキストメール形式とは

読んで字のごとく、テキストつまりは文字だけで構成されているメルマガを指します。
テキストメールは、配信相手の受信環境に左右されることが少なく正しく本文が表示されることがメリットと言えます。

またウイルスなどの感染リスクも比較的少ないと言われています。そのため受信側のセキュリティー機能にはじかれてしまう可能性も低くなります。
安心感があり開封率だけでなく返信率のアップも期待でき、簡単なアンケートなどにも向いていると言えます。

テキストメールでは本文内に画像を表示させることはできませんが、メールに画像データを添付することは可能です。シンプルだからこそ、タイトルや段落分けなど簡単な工夫で、どなたにでもユーザーフレンドリーな読みやすいメールが作れます。

2.HTMLメール形式とは

こちらもある意味読んで字のごとく、Webサイト用の言語で記載されたWEBページ形式のメルマガを指します。

HTMLメールは画像、動画を駆使し自由なレイアウトを実現することが可能であることが最大のメリットです。

インパクトがありクリック率も高くなると言われています。比較的どんなデバイスにも対応しているテキストメールと違って、ガラケーや受信側の設定によって開封することができない場合があるのがデメリットの一つと言えます。

押さえておきたいメルマガの基本的な書き方

さて、いざメルマガを書こうと思っても、いったいどう書いたら良いのかわからないものですよね。メルマガの基本的な書き方は、大まかに以下の3つの流れとなります。

  1. 「ターゲットを決める」
  2. 「タイトルを決める」
  3. 「本文を作る」

1.ターゲットを決める

メルマガに限らず、文章を書く際にまず設定すべきは、「どんな人たちにどんな目的で読んでもらいたいのか?」という部分です。ターゲットとなる読む人と、その目的を定める必要性があります。

例えば、30代の働く女性で美容に興味がある人たちなど詳細に定めておいたほうが、メルマガの目的訴求はしやすくなります。

またHTML形式のメルマガであれば、SNSにシェアをしてメールマガジンの購読者以外にも内容を共有することも可能です。視覚的訴求が大きいので、文字のみの情報訴求より、自分の発信したい内容をより具体的に表現できる点がHTML形式のメルマガの大きな特徴です。

2.タイトルを決める

テキスト形式・HTML形式問わず、メルマガにおいてタイトルは非常に重要です。タイトルを見ただけで興味がなければメルマガ自体を開封しないということはよくあることだからです。

たくさんの人に読んでもらうためには、キャッチーで、かつ内容を誇大しすぎないようなタイトルを心がけましょう。一方、ターゲットの人物モデルがかなり詳細に設定されている場合は、その人たちのみにダイレクトに響くタイトルでも良いかもしれません。

テキスト形式のメルマガを配信する場合には、タイトルの下におおよその内容を挿入しておくと、ターゲットの興味を引き、本文を読んでもらいやすくなるのでおすすめです。

3.本文を作る

次は本文・コンテンツ(内容)を決めましょう。

本文に関しては、販売促進や情報発信など目的に沿って、見やすく分かりやすい文章を作成することが大切です。適度に改行を入れつつ制作するのが良いでしょう。HTML形式を採用する場合は、写真や動画などを取り入れ、視覚的にも訴求することをお勧めします。

テキスト形式のメルマガの場合は、ダラダラと長い文章にならないように気をつけ、体言止めや倒置法なども活用して読みやすさを心がけましょう。箇条書きやポイントごとにブロック分けするなど、目的に合わせた文章構成にするのが、ポイントです。

メルマガの配信方法

メルマガの配信方法は大きく分けて2種類、定期配信とステップメールがあります。

定期配信

週1回や月1回など、いわゆる最も一般的な配信方法です。
メルマガを多く配信すればするほど、関係性構築がしやすいと言われています。配信頻度は重要な要素です。

ステップメール

メルマガ登録者向けに、指定時間に順次届けるメルマガのことです。
最初の設定は少し手間ではありますが、定期配信と違い、メルマガに登録してもらった人に自動的に送られるので、後々の手間は圧倒的にかからない手法になります。

実際にメルマガを配信する手段とは

配信方法は、メルマガ配信スタンド・サービスやメール配信ソフトを活用するのが一般的な方法です。

メルマガスタンドとは、メルマガ配信・発行に必要な配信システムのことですが、いくつか気をつけなければならないポイントがあります。

  • • ステップメールが利用できない場合がある
  • • 運用先の広告が表示される場合がある
  • • 無料版だとリストデータの管理ができない場合がある

 

なので配信スタンドを利用する方は、まずは無料でできる範囲を確認した上で活用することをお勧めします。

また、アドレスを入力する作業が大変な場合、普段使用しているメール配信ソフトで一斉送信するという方法もあります。

例えばOutlookで複数人にメールを送る場合、連絡先リストを『Ctrlキー』を押しながらクリックすれば複数人を対象に選択可能です。

メルマガを配信するにあたっては、一番読まれそうなタイミングで配信することがベストです。
また、頻繁に送る場合は、あらかじめグループ分けしておくと運用がしやすいでしょう。

こちらのカラーミーショップにもメールマガジンサービスがあり、無料プランと有料プランを提供しています。大きな違いは配信制限の回数と、HTML形式に対応するか、CSVで一括アドレス帳が作成できるかという点です。詳細はカラーミーショップのメルマガ機能ページをご参照ください。

メルマガは現在も重要な販促手段です。

SNSなどの普及に伴い、ある程度の予算を組んで広告を出すのではなく、自前で広報を行う企業が増えてきつつあります。そんな中でもメルマガは、ユーザーにダイレクトかつピンポイントで情報を伝えることができる非常に便利なツールです。

大手企業も有効な販促手段・広報ツールとして、戦略的にメルマガを活用しています。また、会員数が増えてきたり、一定のファンがついてきたりした場合は、有料メルマガにしてメルマガ自体をマネタイズしていくことも考えられます。

効果的に運用するなら、配信時間の分析もおこなっていきましょう。例えば、ビジネスマンに向けてのメルマガであれば、朝の通勤時間帯を狙い、文章を読ませたい場合は休日に合わせて配信するなど、あらかじめ計画を立てて活用するとより効果的です。

メルマガを上手に活用して、あなただけのファン育成を試みてはいかがでしょうか。

石井カラ美
石井カラ美

こちらの記事も合わせて見てくださいね!

【コピペ可】ネットショップ運営に必要なメール・メルマガの定型文とテンプレートまとめ