よむよむカラーミー
ネットショップの「売る」と「買う」がわかるWebメディア

ネットショップ作成・開業アプリでおすすめは?機能や費用も比較!

ネットで買い物をする人が増えていることに比例して、ネットショップを手軽に作成できるサービスも増えています。
なかにはスマートフォンを使って、アプリでネットショップが作れるサービスもあります。
この記事では、パソコンではなくアプリを利用するとどのようなメリットがあるのか、おすすめのサービスなどをご紹介します。

ツクルくん
ツクルくん

ネットショップをアプリで作るのとパソコンで作るのは何が違うんだろう?

カラミちゃん
カラミちゃん

スマートフォンを使うので、パソコンを購入する必要が無く初期費用を抑えられるなどのメリットがありますよ。今回は、アプリ選定のポイントやおすすめのアプリもお伝えしますね。

ネットショップをアプリで始めるメリット

ネットショップ作成サービスの中には、アプリに対応しているものもあります。
パソコンではなくアプリを利用してネットショップを開業すると、どのようなメリットがあるのか、主なものを見ていきましょう。

  • ・どこにいても作業ができる
  • ・初期コストを抑えられる
  • ・リアルタイムで状況を把握できる
  • ・運営作業が便利になる

それぞれについてさらに詳しく確認していきます。

いつでもどこでも作業ができる

アプリのメリットとしてまずネット環境があれば、いつでもどこでも作業できる自由度の高さが挙げられます。
パソコンの場合は物理的に作業スペースが必要になるので、気軽に電車の中や倉庫での作業中などに操作ができません。

ですがスマホのアプリであれば、気づいた時にサッと作業ができます。
移動中や自宅にいる時、外出先などいつでもどこでも作業が可能になることが、パソコンにはないメリットです。

初期コストを抑えて始められる

ネットショップを始めるため、新たにパソコンを購入しなくて済むので初期コストを抑えられるのもメリットです。
パソコンを用意するとなると、スペックや新品か中古かにもよりますが10万円以上の初期費用がかかることもあります。

NTTドコモ モバイル社会研究所の調査「モバイル白書2023」によると、2023年1月時点の日本国内のスマートフォンの所有率は96.3%となっており、ほとんどの人が持っていることになります。

誰もが持っていて身近にあるスマートフォンを使ってネットショップを開業できることは、何かと費用が必要な立ち上げ期には大きなメリットでしょう。

ショップの状況や受注をリアルタイムで確認できる

スマートフォン対応のアプリなら、どこにいても売上や在庫、受注状況などをリアルタイムで確認できます。

アプリにはパソコンには無いプッシュ通知機能があり、何かあると通知されるのですぐ気づけるのもメリットです。
受注などの重要なお知らせを素早く把握できることで顧客への対応も早くなり、顧客満足度アップにもつながるでしょう。

運営作業が便利になる

プッシュ通知機能だけでなく、スマホだから可能になる機能がネットショップのアプリには備わっています。
例えば、カラーミーショップのスマホ用アプリなら以下の機能が利用できます。

  • ・配送伝票番号のバーコードをカメラで読み取り、受注情報を簡単に登録できる
  • ・AirPrint対応のプリンターで納品書や領収書など書類を印刷できる

アプリを使うことで、運営作業を効率化できます。
またSNS連携ができるネットショップアプリも多いので、SNSで告知や商品紹介をしたい時にも便利でしょう。

ネットショップのアプリを選ぶ際のポイント

アプリを使ってネットショップを作ろうとしてどのアプリを使えばいいのか迷ってしまった時は、以下の6つのポイントを比較してみるのがおすすめです。

  • ・コスト
  • ・カスタマイズ性
  • ・使いやすさ
  • ・決済方法
  • ・サポート体制
  • ・セキュリティ

同じようでも細かく見ると、サービス内容などが異なるのでよく比較しましょう。
それぞれのポイントについて、詳しく紹介していきます。

初期費用・月額費用・手数料などのコスト

ネットショップの立ち上げから運営まで無料のネットショップ作成サービスもありますが、一切費用がかからないわけではありません。

運営自体は無料ですが、売れた際に手数料を支払う仕組みです。
手数料もサービスによって何に・いくらかかるのかが変わってくるので、きちんと各社を比較してみましょう。

また、無料作成サービスは無料で利用できる反面、売れた時に支払う手数料が月額有料のサービスよりも高めです。

ネットショップアプリを選ぶ時は、月額利用料だけを見て決めるのではなく、トータルで考えることをおすすめします。

販売数が少ないうちは無料版のほうがコストがかかりませんが、一定数売れそうな場合は、手数料が抑えめの有料サービスのほうがトータルコストは抑えられるでしょう。

デザインや機能のカスタマイズ性

ネットショップ作成サービスで構築する際、多くの場合はデザインテンプレートを利用しますが、そのテンプレートがカスタマイズ可能かどうかはサービスによって異なります。

「自社らしいオリジナルティのあるデザインにしたい」と思っても、カスタマイズがほぼできないサービスだと、他社と似たり寄ったりのネットショップになってしまいます。

デザインと同様に、機能面でも追加できるサービスとできないサービスがあります。
アプリを導入する時は、デザインのカスタマイズがどれくらいできるか、どのような機能が追加できるかを確認しておきましょう。

どんなネットショップにしたいかイメージがあると、必要な機能やカスタマイズ性の高さも把握できます。

使いやすさ(操作性)

顧客管理や受発注などを行う、管理画面の使いやすさも確認しておきたいポイントです。

アプリが使いやすいかどうかは業務にも影響します。
使いにくいアプリだと負担が増えることで作業に時間もかかり、運営が滞ってしまうためです。

多くのアプリはお試し期間が設けられているので、実際にインストールして操作性まで確認し、自分に合っているかどうかを確認しましょう。

決済方法の種類

クレジットカード、ID決済コンビニ決済後払いなど、今ではECサイトの決済方法の種類も増えました。
年代によって好まれる決済方法は異なるので、多く用意するのに越したことはありません。

というのも、希望する決済方法が選択肢にないと買い物を止めてしまい、カゴ落ちユーザーが増えてしまうからです。

特にAmazon Payのように個人情報を新たに入力しなくてもAmazonのアカウントで購入できる決済方法は、顧客がスムーズに購入するのに役立ちます。

希望する決済方法が導入できるのかも、確認しておきましょう。

サポート体制

ネットショップの作成の初心者であれば、サポート体制は確認しておきたい重要なポイントです。

サポートと一口にいっても、電話対応なのかチャット対応なのか、どこまで対応してもらえるのかなどサービス会社によって体制が異なります。
一方、サポートが手厚いほど利用料金は高くなる傾向にあります。

そのためサポートが最も充実しているサービスを選んだほうが良いというよりは、自分の知識やスキルに合ったサポートを受けられるサービスを選びましょう。

ネットリテラシーが十分にあればチャットサポートで十分ですし、ITサービスの操作に慣れてなければカラーミーショップのように画面共有しながらサポートしてくれるサービスがおすすめです。

セキュリティ対策

悪意のある何者かの攻撃による個人情報の流出が、しばしばニュースで話題になります。

ネットショップは、住所や電話番号だけでなくクレジットカード情報も登録されているので、もしも情報が流出してしまったら、大きな損害へとつながってしまいます。

そのため、利用するアプリがどのようなセキュリティ対策を取っているのかも確認をしておきたいところです。

特にトラブルが起こりやすい決済時のセキュリティを中心に、しっかり対策が行われているかもチェックしましょう。

【比較!】無料・有料おすすめのネットショップ開業アプリ

下記はアプリでネットショップが開設できるサービスの比較表です。

カラーミーショップ BASE Shopify メルカリshops
初期費用 フリープラン:0円
有料プラン:3,300円~
フリープラン:0円
有料プラン:0円
0円 0円
月額費用 フリープラン:0円
有料プラン:4,950円~
フリープラン:0円
有料プラン:16,580円
33米ドル~ 0円
販売時の手数料 フリープラン:6.6%+33円
有料プラン:クレジットカードは3.14%~
フリープラン:3.6%+40円
※別途サービス利用料+3%
有料プラン:2.9%
Shopify ペイメント:0円
外部サービス:0.5%~
※別途クレジット決済手数料発生
10%(販売手数料)
デザインテンプレート ○(有料・無料)
○(有料・無料) ○(有料・無料) ×
デザインのカスタマイズ ×
機能数 フリープラン:200種類以上
有料プラン:350種類以上
84種類以上 100種類以上
追加機能 ×
決済方法 クレジットカード、代引き、銀行振込、後払い、Amazon Pay、PayPal、楽天ペイ、クロネコWebコレクトなど多数 コンビニ決済、銀行振込、クレジットカード決済、キャリア決済、PayPal、Amazon Pay、後払いなど Shopifyペイメント(クレジットカード決済、Apple Payなど)、外部決済サービスによる メルカリポイント、メルペイ残高、クレジットカード決済、メルペイスマート、コンビニ決済、キャリア決済など
独自ドメイン ×
SEO対策 不明
モバイル対応 iOS/Android iOS/Android iOS/Android iOS/Android
海外販売
メールサポート
電話サポート × × ×
セキュリティ対策 認証サービス、ウイルススキャン、パスワードのハッシュ化保存、TLS通信、クレジットカード情報の非保持・非通過化など 常時SSLの導入など 2段階認証、アクセス制限、常時SSL、ISO27001の取得、PCI DSSの取得 不明

ではこれから、それぞれのアプリの特徴を紹介します。

カラーミーショップ

カラーミーショップは、無料プランと有料プランを選べるECサイト構築サービスです。
無料プランはシンプルな機能のみで、有料プランのほうが機能やサポートが充実しています。

さまざまなプランがあるので、まずは無料プランからスモールスタートし、事業が大きくなっても引っ越しせずに規模に合った有料プランに変更できるのがカラーミーショップのメリットでしょう。

モバイルアプリは、モバイルならではのバーコードスキャンやAirPrinでの印刷に加え、AI技術を用いたSNS用のテキストの自動作成も可能です。

作業効率化に役立つさまざまな機能がありサポートも充実しているので、ネットショップ初心者にもおすすめのアプリです。

さらに詳しく知りたい方は、カラーミーショップのサービス資料も用意しておりますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

3分でわかるカラーミーショップの資料ダウンロードはこちら >

BASE

無料でネットショップ開設のCMでおなじみのBASEは有料プランも登場しています。
スマホアプリから簡単にショップ開設や管理ができ、直感的に操作できるシンプルな画面で操作性が良いのが特徴です。

スマホから、商品の追加やデザイン編集も可能で、スマホ1つでネットショップの管理や運営を完結できるでしょう。

Shopify

Shopifyは、カナダ発ということもあり海外販売に強いサービスです。
言語翻訳や通貨換算、現地決済方法の選択、マーケット別の価格設定まで幅広く対応しています。

海外販売を考えている場合に便利なサービスです。

モバイルアプリでは、ネットショップ作成から在庫管理、顧客の問い合わせ対応など基本的なことが行えます。

ただし、無料で利用できる決済サービスであるShopifyペイメントは決済方法が限られます。
コンビニ決済や後払い、キャリア決済などに対応していませんので、外部決済サービスを導入して決済方法を充実させる必要があります。

メルカリShops

メルカリShopsは、フリマアプリのメルカリの事業者向けサービスです。

これまで紹介した3つのアプリのようにネットショップを作成して販売を行うというよりか、メルカリというモール内に出店する形です。

操作性もメルカリとほとんど同じで、スマホから簡単に商品登録や出品ができます。
メルカリの使用感と似ているため、メルカリを普段から使用している人には使い勝手が良いでしょう。

反対の言い方をすると、デザインを行ったり機能を追加したりなど、自分らしいネットショップを作ることはできないため、手軽にネット販売を始めたい方という方におすすめのサービスです。

ネットショップをアプリで始める際の注意点

アプリを使えばネットショップの作成や運営はできますが、より凝ったデザインへのカスタマイズなど、複雑な作業を行う場合はやはりパソコンが必要になります。

アプリでできるのはデザインテンプレートを元にしたネットショップ作成や、基本的な運営作業であることを把握しておきましょう。

また、ショップの受注数やお問い合わせ数が多くなると、作業量も増えるので指先で操作するスマホアプリではパソコンよりも作業に時間がかかってしまします。

ショップの規模が大きくなってきたらパソコンでをメインにして作業を効率化させ、アプリは補助的に使うのがおすすめです。

さらにスマホアプリの場合、サービス側で提供される定期的なアップデート対応も必要です。
アップデートを行わないままでいると、正常に作動しないこともありますので注意しましょう。

まとめ

バーコードを読み取ったり注文が入るとプッシュ通知でお知らせが来たりなど、ネットショップのアプリにしかない便利な機能があります。

ですが、デザインのカスタマイズといった複雑な作業や業務が多い大規模なショップは、アプリだけで完結させるのは難しいです。
必要に応じて、パソコンの導入を検討してみてください。

できるだけ予算を抑えて、ネットショップをスモールスタートさせたい方にはネットショップアプリがおすすめでしょう。

▼こちらの記事も読まれています▼