よむよむカラーミー
ネットショップ運営を、
もっと楽しく。
ネットショップ運営を、
もっと楽しく。
MENU
気になるワードは?

配送業務のコストを減らす!時間を短縮できる便利機能

こんにちは、カラーミーショップスタッフです。
本日は、ネットショップの開業や運営についてよくある質問にお答えします。カラーミーショップの各種機能を上手に使いこなして、売上アップを目指しましょう。

Q. 配送業務をラクにする機能はありますか?

配送伝票番号(送り状No.)はスマホで読み取りましょう。
カラーミーショップの無料スマートフォンアプリ(iPhone、Android)を利用すれば、面倒な伝票番号の入力業務から開放されます。

アプリのバーコードリーダーで読み取るだけ!

バーコードを読み取るだけなので、入力ミスの心配もありません。
アプリの機能はほかにもたくさん! 以下のページで詳しくご覧いただけます。

カラーミーショップの【無料】スマホアプリ、どんどん進化しています!

▲ 目次に戻る

Q. 郵便物発送の時間を短縮したい

日本郵便の「料金後納」制度を利用して業務効率化を図りましょう。
日本郵便なら一定の条件(毎月50個以上の出荷など)を満たせば配送料の料金後納が利用できます。

▼料金後納 – 日本郵便
http://www.post.japanpost.jp/fee/how_to_pay/deferred_pay/index.html
※日本郵便のサイトに遷移します。

「料金後納」のメリット

  • ・料金を1カ月分にまとめられるので、経理業務が減らせる。
  • ・切手をはる手間が省けるため、発送業務の効率が上がる。
  • ・金融機関の預貯金口座から料金を自動的に支払える。
  • ・1カ月単位での料金の一括払いができる。

こんなショップさまにオススメ

  • ・ダイレクトメール等の郵便物・荷物を1カ月に出す頻度が高い。
  • ・さまざまな形態で大量の郵便物・荷物を送る。

  
条件が当てはまるショップさまは、取扱郵便局にお問い合わせのうえご利用をご検討ください。

▲ 目次に戻る

Q. 離島の送料を抑えたい

配送業者の中では配送料金が全国的に低めに設定されている佐川急便が人気ですが、離島への送料が別途料金として発生してしまいます。
一方、ゆうパック・ヤマト運輸なら離島の送料が発生しません 。

※配送可能なサイズ・重量に制限があります。くわしくは日本郵便のサイト情報をご確認ください。
▼「ゆうパックは離島宛のときに離島料金がかかりますか?」

https://www.post.japanpost.jp/question/565.html

※日本郵便のサイトに遷移します。

同様に、ヤマト運輸でも離島料金がかかりません。八丈島や小笠原諸島なども東京23区内と同じ料金で発送することができます。
離島へ商品をお届けする際は、ゆうパックおよびクロネコヤマトの宅急便を検討してみてください。

▲ 目次に戻る

Q. そもそも、送料を抑える方法はありますか?

大口契約を結んで送料を大幅にダウンする

配送会社では一定の条件をみたす場合に送料が特別料金になる大口契約を結ぶことが可能です。
(条件など詳しくは、メインで利用されている配送会社に問い合わせてください)
自分のショップの配送条件で適用可能かどうか、一度確認してみることをおすすめします。

お届けする地域によって配送会社を設定

地域によって配送会社をつかいわければ、コスト削減になる場合があります。
お届けする地域によって配送会社を設定しわけるなど、併用することによって送料コストが軽減することも。
まずはよく注文が入っている地域への各配送業者の料金を見直してみましょう。送料を減らすことができれば、お客様への貢献にもつながります。

▼こちらの記事もぜひ参考にしてみてください。

ぶっちゃけどの配送会社を使ってますか?ショップ店長さん100人に聞きました。

▲ 目次に戻る

Q. 配送日時を地域別に設定することはできますか?

「都道府県別リードタイム機能」と「営業日カレンダー機能」を組み合わせて利用することで、配送先の管理がとってもラクになります。
※いずれもレギュラープラン以上で提供している機能です。

お届け日時は「管理画面 > ショップ作成 > お届け日時設定」ページで設定していただけますが、さらに便利なのは「都道府県別リードタイム機能」です。
こちらは「都道県別に配送希望日として登録できる最短日数を設定できる機能」です。
また、出荷しない日(休日など)を設定することで、自動的に「日時指定が可能な日時」を計算して表示してくれる「営業日カレンダー機能」も便利です。
※いずれもレギュラープラン以上で提供しています。

例)北海道へ配送する場合、東京への配送よりも1日長くかかるというケースの場合

東京のお客さまが選べる配送希望日:11月19日以降
北海道のお客さまが選べる配送希望日:11月20日以降

上記のように、地域ごとの個別設定ができます。

都道府県別による配送希望日の開始日設定は、「管理画面 > 配送方法設定 > 新規作成 > 都道府県別リードタイム設定」で設定できます。
※レギュラープラン以上で提供しています。

いずれも、お客様にとっては購入時の手間が減り、ショップオーナーさまにとっては管理コストを減らすことができる便利な機能です。
ぜひご活用を検討してみてください。

▲ 目次に戻る

 
 
いかがでしょうか?配送面で少しでもコストを減らすことができれば、商品の仕入れや改善、ショップ整備などに予算を集中させることができます。
今の業務のなかで減らせるコストがないか、ぜひ一度見直してみましょう。

 

▼まだネットショップをお持ちでない方は、こちらからお申込みいただけます。

30日間無料!ショップをはじめる