よむよむカラーミー
ネットショップ運営を、
もっと楽しく。

独自ドメインのメリットとは?取得方法やネットショップでの効果も解説!

ネットショップ構築サービスを利用してショップを開く際に設定したドメインは、実はほとんどがドメインの一部(サブドメイン)と呼ばれるものです。一方、自分で好きなように設定できる「独自ドメイン」というものもあります。ネットショップを運営する上では、独自ドメインを取得したほうがよいのでしょうか?

そこで今回はドメインの意味のおさらいや、ネットショップで独自ドメインを取得するメリット、取得方法などを解説します。

ツクルくん
ツクルくん

独自ドメインて最初に設定したドメインと何が違うんだろう。独自ドメインのメリットはあるのかな?

カラミちゃん
カラミちゃん

もちろんです!独自ドメインだと、SEOに有利であったり、ブランド力がアップするなどのメリットがあります。一つずつ解説しますね。

そもそもドメインとは?

ここでは簡単にドメインについておさらいします。

ドメインはURLやメールアドレスの一部

ドメインはインターネット上のURLの一部を指します。以下は、カラーミーショップでネットショップを開設したときにお店を「yomyom」と設定した場合のURLです。

http://www.以降がドメインです。インターネット上の「住所」である「IPアドレス」という数字の羅列を、文字化してわかりやすくしたものを「ドメイン」といい、URLの一部だけでなく、メールアドレスの@以降にも使われます。

そしてドメインは、もう少し細かく分けることができます。

サブドメインと固定ドメインとは?

カラーミーショップで作成したネットショップのURLのドメインは、下図のようにさらに細かく分けられます。

「shop-pro.jp」の部分はカラーミーショップの固定ドメインといい、ショップ開店時に自由に設定できる「yomyom」の部分は、固有ドメインに対して「サブドメイン」と呼ばれます。

カラーミーショップでショップを作った場合、ご自身で変更をしない限りはこの「shop-pro.jp」というカラーミーショップ固定のドメインが付いたURLが表示されるのです。

独自ドメインとは?

先ほど「ご自身で変更しない限りは」とお伝えしたように、もともと固定である「shop-pro.jp」の部分も変更は可能です。文字列を自由に設定したドメインを「独自ドメイン」といい、各社が提供しているドメイン取得サービスに申し込めば取得できます。

上図を見てみると、独自ドメインを取得したため「shop-pro.jp」という固定のドメインが付かないURLになっています。また、一番後ろに付くもの(トップドメイン)は「.com」「.jp」「.shop」など、さまざまな種類があります。

独自ドメインを取得する3つのメリット

好きなように設定できる独自ドメインですが、取得は自分で行うため、多少の手間や料金が発生します。では、その分の独自ドメインのメリットとは何でしょうか?
ここでは、主なメリットを3つご紹介します。

SEO対策で有利になる

サービスの固定ドメインを使っていると検索エンジンでは一括りにされるため、その中で上位を巡ってライバルと争わなければなりません。
例えば、同じ商品を取り扱っている場合、同じキーワードでどちらが上位に位置できるか、争奪戦になってしまうのです。

独自ドメインの場合は、検索エンジンで一括りにされないのでライバルがおらず、自分のサイトだけで判断してもらえるので、SEOで有利になります。

また、独自ドメインを取得した後にサブドメインを取得し、「https://blog.yomyom.com/」のようにブログを連携させ、さらにアクセス数を独自ドメインに集めることで、サイトの価値を高めることができます。

なお自分のネットショップの評価が如実に反映されますので、独自ドメインをご利用の際には、SEOに効果的な「常時SSL」対策を導入いただくことを推奨します。

お店のブランド力がアップする

独自ドメインでは自由にドメインが設定できるので、ブランド力アップを目指せます。
下図で見比べてみましょう。

上の独自ドメインは固定ドメインが付かないため、お店の名前が目立ったURLになり、お客さまにお店を覚えてもらいやすくなります。また、固定のドメインを使っている競合店と差別化できるので、よりお店のブランド力をアップできるでしょう。

お店への信用度が高くなる

独自ドメインを作成することで、「info@yomyom.com」など、独自のメールアドレスを取得することができます。ショップ独自のメールアドレスから送信されることによって、お客さまもどこからのメールなのかわかりやすくなり、信用度もアップします。独自ドメインのメールアドレスは迷惑メールに振り分けられづらいというメリットもあります。

また、「.com」「.jp」「.net」「.shop」などのトップドメインは、企業のURLでよく見慣れているため、きちんとした会社であるという安心感を与えやすくなります。

独自ドメインではセキュリティ対策のためのSSL(データの暗号化)も導入しやすいので、お客様の個人情報を守ることで、長期的なお店の信用度にもつながるでしょう。

独自ドメインのデメリット

ブランド力のアップなどメリットが多い独自ドメインですが、デメリットもあります。ここでは主なデメリットを紹介します。

費用や設定の手間がかかる

独自ドメインを取得すためには、別途費用がかかります。金額は提供している会社ごとに異なりますが、取得前よりもコストが増えることは避けられません。

また、独自ドメインはご自身で申し込みや、初期設定を行わなければなりません。一定期間ごとの契約であるため、契約の更新も必要です。自動更新の設定をしておけば安心ですが、もしも期日までに更新ができなければ、ネットショップ自体がなくなってしまう恐れもあります。

独自ドメインを申し込む際には、費用や設定・更新が必要であることも知っておきましょう。

自身での集客が必須

一つ目のメリットで「検索エンジンで一括りにされないのでSEOで有利」とお伝えしましたが、これは反対の言い方をすれば、「サービスの固定ドメインによる集客ができないので、自身での集客が必須」ということです。
ある程度SEOの知識があれば、独自ドメインのほうがSEO的に有利ですが、知識がない場合は一からSEOを学んで自分で集客をしなければなりません。また、広告を出して集客するとなると、広告費がかかります。

独自ドメインを取得する際は、どのように集客するのかについても考えてから申し込むことをおすすめします。

独自ドメインを取得するには

デメリットを確認したうえで独自ドメインを取得しようと決めた場合、どのような手続きが必要なのでしょうか。以下で、独自ドメイン取得の大まかな流れを説明します。

1.ドメイン取得サービスを選ぶ

まず、ドメインを申し込むサービス(会社)を選びます。ドメインを提供している会社はたくさんあるので、「初期費用と更新費用はいくらか」「使いたいトップドメイン(.coや.jp)を提供しているか」や「どのようなサポート体制か」などの点から検討しましょう。
以下は国内のドメイン取得サービスの一例です。参考までにご覧ください。

サービス名 URL 特徴
お名前.com https://www.onamae.com/ 国内最大級というだけあって、サービスが充実
Xdomain https://www.xdomain.ne.jp/ 「.com」「.jp」などの新規取得・
更新料が安い
ムームードメイン https://muumuu-domain.com/ レンタルサーバーと同時契約で
ドメイン料が無料
さくらのドメイン https://domain.sakura.ad.jp/ 費用は高めだが、その分サポートが充実
ゴンベエドメイン https://www.gonbei.jp/ ドメインの取扱数が国内最多の1000種類

2.ドメインが使用できるか検索する

申し込み先が決まったらそのサービスのホームページで、希望しているドメインを入力して検索します。すでに他の人が使っているドメインは、申し込むことができません。ドメインを検索して申し込みの画面が出てきたら、そのドメインが使用できるということです。

3.ドメインを申し込む

ドメインが使用可能とわかったら申し込み、契約を完了させましょう。

なお、カラーミーショップでは、取得から設定まで簡単で3クリックで完了する初心者も安心のサービスを提供しています。「.shop」「.com」「.net」のお好きなドメインを取得してカラーミーショップで利用することができます。※かんたん独自ドメイン取得はこちら(要ログイン)

独自ドメインを取得した後の設定

独自ドメインを取得したらそれで完了ではなく、DNS設定(ネームーサーバー設定)が必要です。DNSとは、Domain Name System(ドメインネームシステム)のことで、冒頭で紹介した「IPアドレス」という数字の羅列を「yomyom.com」などと文字化してドメイン名に変換し、ドメインとIPアドレスを紐づけてくれます。

DNS設定は、ドメインを申し込んだサービスのホームページ上で行います。詳しくは、各社のホームページでご確認ください。なお、DNS設定をしてもドメインが反映されるまで、1~2日程度かかることを覚えておきましょう。

独自ドメインがある場合はサブドメインを設定しよう

もし、すでに独自ドメインをお持ちの場合は独自ドメインのサブドメイン(例:shop)で、「http://shop.yomyom.com/」のように、ネットショップを運営することもできます。

サブドメイン部分も好きなように設定できます。コーポレートサイトやブランドサイトなどをすでにお持ちの方で、そちらにアクセス数がかなりある場合には、SEO対策として効果的な手法のため、独自サブドメインでショップを設定することをおすすめします。

サブドメインについては、以下の記事でも詳しく解説していますので参考にしてみてください。

まとめ:さまざまなメリットがある独自ドメイン

独自ドメインは、SEO対策に有利である、お店のブランディングに役立つなど、さまざまなメリットがあります。長期的にネットショップを運営して、より「自分らしい」ショップを作りたいと考えている方は、独自ドメインを取得することを検討してみてはいかがでしょうか。

よくある質問

独自ドメインのメリットは何ですか?

メリットは以下の3つが考えられます。

・SEO対策で有利になる
・お店のブランド力がアップする
・お店への信用度が高くなる

詳しくはこちらの章で1つずつ解説していますのでご確認ください。

独自ドメインにはデメリットもありますか?

メリットの多い独自ドメインですが、もちろんデメリットもあります。
「費用や手間がかかる」「自身での集客が必要」などが考えられます。
詳しくはこちらの章をご覧ください。