よむよむカラーミー
ネットショップ運営を、
もっと楽しく。
ネットショップ運営を、
もっと楽しく。
MENU
カラーミーショップを無料でお試し
気になるワードは?

常時SSL化(https化)のつまずきポイントと対処方法まとめ

今やネットショップを運営する上で重要な施策のひとつとなっている「常時SSL化」。
導入時の設定や表示崩れの不安などでつまずいてはいませんか?

今回は、常時SSL化にあたってショップオーナーさまがつまずきやすいポイントと対処方法をまとめてみました。ぜひ導入の際の参考にしてくださいね。

表示崩れが不安な場合は、自動チェックから始めましょう

ネットショップの常時SSL化でもっとも不安な表示崩れ。
カラーミーショップには、表示崩れを起こさないための「自動チェック機能」がついています。エラーが出た箇所の参照ファイルの置き場所(URL)をhttps化して修正しましょう。チェックは無料ですので、まずは気軽に行ってみてくださいね。

SSL化のチェックはこちらから

自動チェックでエラーが出てしまった場合

自動チェックでエラーが出てしまった際は、参照ファイルを【https://】で読み込めるURLに変更する必要があります。
参照ファイルとは、cssやimg、jsなど外部から読み込んでいるファイルになります。

参照ファイルのURLが【https://】で表示される場合

参照先のURLがhttpsで表示されている場合は、カラーミーショップのhtmlにある参照先リンクを、【http://】から【https://】に変更するだけでOKです。

参照ファイルのURLが【https://】で表示されない場合

参照ファイルを置いている場所を【https://】化する

参照ファイルを置いている外部の場所をSSL化します。
ファイルを置いているサーバーに「常時SSL」する契約プランがあれば、そのプランを契約することで、参照ファイルの置き場所を【https://】化できます。

参照ファイルのURLが【https://】で表示されるようになったら、カラーミーショップ内の参照ファイルのURLを【https://】に変更しましょう。

参照ファイルを【https://】の場所に移動する

参照ファイルの置き場所がカラーミーショップ以外にあってhttpsで表示できない場合、ファイルをhttps配下へ移動する必要があります。
移動の際は、同じ階層に保存をしたほうがURL変更が簡単になります。複雑な場合は、変更前のURLと変更後のURLをまとめてメモし、URLの変換をするとよいでしょう。

新しくサーバーを借りるのが面倒な方・費用を節約したい方はカラーミーショップ内にもFTPによるファイルアップロード機能をぜひご活用ください。

※ ファイルの移動の際には、完全に切り替えが終わるまで、httpに置いているファイルはそのままに、複製したファイルを新しくhttpsの場所に置いてください。

あとは、リンクを新しい置き場所のURLに書き換えたら完了です。新しい置き場所と以前の置き場所で階層が異なる場合は、新しい置き場所のURLを正しく記載しましょう。

常時SSL化したらGoogle Analyticsでは何を設定すればいいの?

常時SSL化をしたあとは、Google Analyticsの設定を書き換える必要があります。

プロパティ設定の変更

Google Analyticsにログインして、【管理】→【プロパティ設定】→【デフォルトのURL】をhttps://】に変更・保存します。
(ページ下部に保存ボタンがあります)

ビューの設定の変更

Google Analyticsにログインして、【管理】→【ビューの設定】→【ウェブサイトのURL】をhttps://】に変更・保存したら完了です。
(ページ下部に保存ボタンがあります)

Google Search Consoleも新しく設定する必要がありますか?

Google Search Consoleを使っている場合も、常時SSL化した際には別サイトとして登録を追加する必要があります。こちらの「Googlesearchconsoleを再設定する」を参考にご設定ください。

ユーザーがhttpのURLにアクセスしたらどうなりますか?

自動的にSSL化済みのURLにリダイレクトします。これまでのお客さまがhttpのURLに訪問しても、常時SSL化したサイトにリダイレクトされますのでご安心ください。

まとめ:

今回は、常時SSL化の際につまづきやすいポイントと対処方法を解説しました。

国内でSSLで読み込まれたページは、ついに8割を超えました。※Chromeブラウザで読み込まれた割合(2019年8月31日時点)
通常のサイトでも常時SSL化は当たり前となっている中、個人情報を取り扱うネットショップであれば、ますます対応が欠かせないものとなっています。

ネットショップの集客や購買にも影響する常時SSL、ぜひ早期の対応をおすすめいたします。

まずはチェックから始めましょう(チェックは無料です)