独自ドメインを設定したら必ずやっておきたい2つのこと

ネットショップを自社サイトで運営する場合、独自ドメインでの運用をされる場合が多くなっています。独自ドメインを設定したら忘れずに実施して欲しいこととして、重複コンテンツの解消があげられます。
 うっかり忘れているとGoogleからの評価に悪影響を与える可能性がありますので、以下を確認してしっかりとSEOの内部対策を実施しましょう。

www あり、なしのアクセスを転送する

ショップのURLには以下の二通りのバージョンがあります。

  • www.hogehoge.com
  • hogehoge.com

このままでは Google から別のサイトと判断され、重複コンテンツとしてみなされてしまう可能性があります。
 重複コンテンツと見なされてしまうと、SEOでマイナスの評価となってしまいますので、早急に解消しましょう。

重複コンテンツの解消方法

【アカウント・設定 > ドメイン > ドメイン設定】ページの「wwwの設定」にて、自動URL遷移を使用するに設定してください。
 使用するの場合、「利用設定」で選択していない方のURLにアクセスした際、選択しているURLに自動で遷移されます。

サブドメインでのアクセスを転送する

独自ドメインを設定する前のショップのURL(サブドメイン)にそのままアクセスできる状態では、やはり重複コンテンツとみなされる可能性があります。
 こちらもサブドメインにアクセスがあったら、設定されているショップURLに転送するようにしましょう。

重複コンテンツの解消方法

【アカウント・設定 > ドメイン > ドメイン設定】ページの「shop-pro.jpサブドメインからの転送設定」にて、転送設定を使用するに設定してください。

使用するにすると、「現在の設定」に表示されている、ショップURLに転送されます。

以上たったの2つの設定で、独自ドメインにしたことによる重複コンテンの不安を解消できます。

2017.09.06