よむよむカラーミー
オンラインショップ運営を、
もっと楽しく。
オンラインショップ運営を、
もっと楽しく。
MENU
気になるワードは?

受賞ショップインタビューも掲載!「カラーミーショップ大賞 2018」懇親会レポート

こんにちは、カラーミーショップPR担当です。
先日公開した「カラーミーショップ大賞2018」授賞式レポートに続いて、本日は懇親会の密着レポートをお届けします!

カラーミーショップ大賞とは?

全国4万5,000店のオンラインショップの中から最も優れたショップを表彰する、年に1度のコンテストです。
今回は、一次審査で4万5,000店の中から上位500のノミネートショップを選出した後、一般投票の結果を加味し、最終審査で総合的に優れた39ショップを選出しました。
9月11日の授賞式では各賞の受賞結果を発表したあと、受賞ショップとカラーミーショップスタッフを交えた懇親会を開きました。

▼「カラーミーショップ大賞2018」特設サイト
https://award.shop-pro.jp/2018

懇親会が始まる前に……フォトブースで記念撮影★

会場の外には、今年も記念撮影を楽しめるフォトブースをご用意しました。
ブース横にあるロゴ入りバルーンは、昨年優秀賞を受賞されたバルーン専門ショップ「Chubby Balloon(チャビーバルーン)」さんにつくっていただきました。いつもありがとうございます!

授賞式の緊張から解かれ、とてもリラックスした表情のみなさん。記念のトロフィーを手にして撮影を楽しんでいらっしゃいました。

ホテルのお食事を囲んで、懇親会スタート!

準備が整い席に戻ると、セルリアン東急ホテルの一流シェフによる豪華なお食事が各テーブルに。

ミニハンバーガーには、「カラーミーショップ」オリジナル旗も!

乾杯の音頭を取り仕切るのは「カラーミーショップ大賞2018」プロデューサー。お待ちかねの瞬間です。

「乾杯ーーー!!」

会場は一気に、和やかな雰囲気に。

商材ジャンルごとに座席が分かれているので、受賞ショップ同士の会話も弾みます。

スタッフ一同も、受賞ショップのみなさまとお話できることを心待ちにしていました!

スタッフの中には、電話やメールでショップのみなさまからのお問い合わせ対応をしているカスタマーサポートチームのメンバーも。こうして直接お会いできて感無量です。

憧れのショップさんとお話しできるチャンス!大賞を受賞された「わざわざ」さんのもとにも、メディアやショップさんなど多くの方が集まりました。

 
にっぽん文化奨励賞を受賞された「筒井時正玩具花火製造所」さん。ゲスト審査員の株式会社マガジンハウス・及川卓也さんから直々にお祝いの言葉をいただいておりました。

 

突撃! 3つの受賞ショップへインタビュー

懇親会の中盤では、インタビューが行われました。インタビュアーは、授賞式の司会も務めていただいたフリーアナウンサーの松本志のぶさんです。
 

まずはじめにインタビューされたのは…
地域賞を受賞、兵庫は淡路島からお越しくださった「平岡農園」さん。

SNSを駆使しているオンラインショップも多いということですが、平岡農園さんはSNSを使っていないという珍しいショップさんで。素晴らしいショップ力ですよね。

平岡農園・平岡さん:私自身は本当にSNSとかできないので……。ただ日本全国のみなさんにうちのレモン・みかんを知ってもらいたいという思いで、オンラインショップを始めたんです。

淡路島の魅力を伝えていただけますか?

平岡さん:淡路島はいろんなものが美味しい島です。うちはみかんとレモンとライムをつくってますが、淡路島玉ねぎとか野菜も本当に美味しいんですよ。
知人に東京に朝食が美味しいお店があるって聞いたから食べてみたんですけど、普段淡路で食べている物のほうが美味しいんじゃない?と感じちゃいました……(笑)みなさん機会がありましたら、ぜひ一度お越しくださいね。

美味しい特産品を食べに訪れたくなりました!

 

さて続いては、地域賞を受賞、静岡県からいらっしゃったわさび屋「山本食品オンラインショップ」さん。

ぜひ、わさびの魅力を教えてください!

山本食品・山本さん:失礼な言い方をしますけど、本当のわさびの美味しさは、みなさんまだ知らないんです。
わさびって摺り方が難しいんですよ。だから誰でも上手に摺れるように、こうやってオリジナルの摺板をつくったりもしています。

山本さん:静岡県で水わさびが世界農業遺産になって、これから世界に進出するぞ!と意気込んでいます。静岡を代表して、わさびの使者として頑張っていきたいと思います。

日本が誇る世界農業遺産として、わさびが世界中で楽しまれる日も近いかもしれません。これからの活躍に期待しています!

 

最後は、特別賞《ベストデザイン賞》受賞、鹿児島からご夫婦でいらっしゃった「イロドリ」さん。全国の作家さんの器を取り扱っています。
 

受賞のお知らせを電話で受けたときはどんなお気持ちでしたか?受賞された皆さんの中で一番リアクションが大きかったと聞いています。

イロドリ・迫口さん:すごく驚きました。本当にこんな感じで来るんだなと思って……(笑)あと、こんなににぎやかな会だと思っていなかったので、びっくりです。今日は来られてよかったです。

これからどんなショップにしていきたいですか?

迫口さん:自分たちが使いたい、と思えるような器を作りたいと思っています。だから、オリジナルのものを増やしていくことに挑戦したいです。今は全国の作家さんの器を扱っているけど、それ以外にも、自分たちが考える使いやすい器を販売するのが夢ですね。

イロドリさんの世界観が詰まったオリジナルの器、完成が楽しみです!

昨年の大賞「バランススタイル」高畠さんにインタビュー!

「カラーミーショップ大賞2017」で大賞を受賞された「バランススタイル」高畠さんに、受賞後一年経過した今の心境について、インタビューさせていただきました。

大賞を受賞されてから変わったことはありますか?

高畠さん:私の中でカラーミーショップ大賞は、運気が上がるアワードだと思っていて。(笑)
昨年はこの壇上で、大阪・名古屋・福岡に実店舗をオープンさせますと宣言させていただいたんですが、無事に実現できたんです!また、東京店のリニューアルもできました。

と、受賞後にも大きな飛躍があったことを紹介していただきました。

最後に高畠さんから、「受賞されたみなさま、おめでとうございます!これからもお互い共に切磋琢磨していきながら成長していければと思っております。」とコメントをいただきました。ありがとうございました!

懇親会の最後は、大賞ショップへのインタビュー

最後は、今年大賞を受賞された「パンと日用品の店 わざわざ」のみなさんが壇上に再登場。

「会場のみなさんにお言葉かけられたりしましたか?」という質問に、

「みなさんに声をかけていただいて、たくさんの方とお話させていただきました。見てくださっている方の多さに気付くことができて、いつも見てくださってありがとうございますと言いたくなりました。」と、店長の平田さんがこたえます。

……ここで、おもむろに会場に向かってカメラを向ける、パンづくり・つうしん(撮影)担当のワカナンさん。

思わずインタビュアーも、「ステージ上から登壇者の方が会場に向かって写真を撮られるという場面、初めて見ました(笑)」と微笑みます。

3名から、一言ずつコメントをいただきました。

店長・平田さん:本当にみなさんが利用してくださっているからこそ獲れた賞なので、心から感謝を申し上げたいと思います。ありがとうございます。

オンラインショップ担当・マドカさん:私はアルバイトで、普段は限られた勤務時間の中でオンラインショップを更新させていただいています。今日こうして会場に来られたのもありがたく思っておりますし、みなさんのおかげだと思っています。これからも頑張っていこうと思います。

パンづくり,つうしん(撮影)担当・ワカナンさん:こんな舞台に立てると思っていなかったので、僕、やぶれたパンツを履いてきてしまって、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいなんですけど……。
普段から利用してくださっているお客様みなさんに心から感謝申し上げたいなと思います。

最後に今後の展望を聞かれると、
「流されるままに、そこまで大きな目標も立てず、今までどおり、日々淡々とこれからもやっていきたいなと思います!」と平田さんらしいコメント。

今後の活躍も、スタッフ一同楽しみにしています!

 

大盛況のうちに、閉会。

ショップさん同士、またスタッフを交えた会話は途切れる間もなく、お開きの時間に。
まだまだ時間が足りないと思うほど、たくさんのお話を聞かせていただきました。
 
スタッフ全員で、受賞ショップのみなさまをお見送りします。

「来年はどんなドラマが生まれるのだろう……。」という期待を胸に、また一年後のコンテストに向けて準備をすすめてまいります!
ノミネートショップのみなさま、受賞ショップのみなさま、この度は本当におめでとうございました!

 

授賞式の様子はこちらのレポート記事とInstagramのハッシュタグ「#カラーミーショップ大賞2018」でもご覧いただけます。結果発表の詳細は特設サイトでぜひチェックしてみてください!

特設サイトはこちら

 

掲載いただいたWebメディア

■ ECのミカタ「GMOペパボ開催「カラーミーショップ大賞2018」会場潜入!受賞したのはアノお店!ブログ、InstagramなどSNSを活用し存在感
■ 通販通信「noteで鬼バズ!…カラーミーショップ大賞はパン屋「わざわざ」
■ 通販新聞「「カラーミーショップ大賞2018」 大賞は「わざわざ」
■ 日本流通産業新聞「GMOペパボ/大賞は「わざわざ」/「カラーミーショップ大賞」発表