• トップ > お知らせ トップ
  • 2014年1月22日 女性ネットショップ店長が教える「女性客をつかむ5つの方法」~女性オーナーお茶会(2)

女性ネットショップ店長が教える「女性客をつかむ5つの方法」~女性オーナーお茶会(2)

このエントリーをはてなブックマークに追加

woman_02_big

 

第1回「女性店長の1日のスケジュール大公開!」に続きまして、女性ショップオーナーたちのお茶会レポート第2回です!

今回は、女性店長だからこそ気をつけている、女性客をつかむポイントについてのお話をまとめました。ポイントはこちらの5つです。
1:ターゲットを明確にする
2:利用シーンを想像させる
3:レビュー機能を活用する
4:ラッピング対応をする
5:ネットならではの言葉づかいに気をつける

女性店長ならではの、細かい気遣いと経験にそったリアルな「おもてなし」のお話を沢山聞くことが出来ました!

1:女はみんな同じじゃない!ターゲットを明確にする

 

スタッフ:みなさんのお店は、ほとんどが女性のお客さまだとお聞きしました。女性客をつかむポイントなどがあったら、ぜひ教えて下さい。 

 

上山
一言に女性といってもいろいろな方がいらっしゃいますから、「自分のお店はどういった方に向けたお店なのか」を想像するのは、お店づくりに役立ちますね。ガーリーなのか、シンプルなのか、雑貨のセレクトも全然違ってくると思います。色々な雑貨があると、仕入れも目移りしますが、ブレないように・・・

 

Zakka MiniMini」の場合は、小さなお子様がいて、ハンドメイドが好きで、海外の雑貨に興味があって、という風に。フレンチガーリーをコンセプトに、ピンクと水色をキーにヨーロッパのイメージを演出して、ふわっとしたあこがれ感を出せるように心がけています。

小藤
同じ雑貨でも私のお店「BarBarBazar」と「Zakka MiniMini」さんで、全然違いますもんね。
54_large

2:利用シーンを想像させる

住野
私のお店、「Les Bliss」は、子育てママをターゲットにしているんですが、大切にしているのは、きちんとお客さまの目線にたつことです。私自身が商品をつけている写真をのせたりとか、実際、子供が引っ張っている写真を載せることで伝わりやすいかなと思っています。わかりやすく、なるべく使っている感じを出すようにしています。
hipparu

小藤
私も、使っている写真や風景は必ずいれるようにしています。生活に近いもののほうが、買っちゃいますよね。
5a328ff16c45221ed60ed27ea072d754

上山
幸せな感じがする写真ですね…!

 

私は、1つの商品画像に、その商品と一緒に使って欲しい自分のショップの商品を載せています。そうすると、「写真に載っていたように飾りかったので一緒に買いました!」なんてことも。これ、海外の牛乳パックなんですけど、こういう使い方もありますよ、と具体例を提案して、お客様自身が購入した後のイメージを想像できるようにしています。
choco

あと、新商品と、眠っちゃってる商品を組み合わせておくと、一緒に買ってくださったりします。組み合わせ購入機能も便利ですよね!重宝しています。
住野
あとは、グループ機能をつかって、特にママさんにつけてもらいたものだけでまとめたりしています。
上山
切り口ごとにグループ分けするのは大切ですよね。SEO対策を考えても。自分だったら、どういうキーワードで検索するかなって考えてまとめてます。
24_large

3:自分だったら絶対参考にする!”レビュー機能”は必須です。

住野
あとは、レビュー機能もやっぱり大切ですね。自分がネットショッピングをする時に、必ず見るので、必須かなと思います。
73_large

上山
レビュー機能使ってるってことは、ギガプラン使ってるんですね!どうですか?いい?いい?

住野
いいですよ!私は、レビューを書いていただくために、「レビューを書いてくれたら100ポイントあげますよ」っていうフォローメールを、商品発送の1週間後に自動でおくるようにしてるんですね。それで、みなさん、書いてくれますね。フォローメールは効果絶大です。

上山
レビュー機能魅力的です。
でも急にお怒りのレビューが来たら・・・と思うとドキドキします。

住野
今のところ大丈夫ですね。すごくたまにサイズ選び失敗とかのレビューが付けられるんですが、そういう方には個別で、「交換できますよ~」などと連絡したりします。

小藤
レビューは自動的にあがっちゃうんですか?

住野
いえ、一回見てから公開できますよ。

小藤
ああ、いいですね!

住野
思い切ってギガプランにしてよかったと思っています。

上山
私はお客様から感想のメールをいただくので、その一部をブログでご紹介するようにしています。全て紹介できなくて、申し訳ないんですが…。

小藤
え?手動で更新しているんですか??

上山
全部は出来ないんだけど。写真をお送りいただいた時とか。すごく嬉しいですね。商品をお届けする時につけるショップカードや発送完了メールに、「感想などのメッセージお待ちしています!」って載せてます。でも、レビュー機能、気になってるんですよねえ。

小藤
私もメールはいただくんですが、返して終わりですね。どう紹介したらいいかもわからないですね。レビューいいな。

 

4:自分へのご褒美にも!ラッピング対応で売上アップ!

上山
女性のお客さまに喜ばれるといえば、ラッピングですね。私はラッピングはコラージュでアレンジしてます
gift

コスト的にはベース用にクラフト紙だけ買って、あとはプリンターでパターンを印刷して切って貼るだけです。購入された商品のカラーやイメージに合わせてコラージュするよう心がけてます。ラッピングは無料で行っていたんですけど、「全て個別ラッピング」なんてご希望もあったりして、梱包する時間もコストも厳しいので、今は30円だけ頂いています。

小藤 住野
え????30円!?

上山
海外の無料のコラージュサイトから使わせてもらったりするので、ラッピングとして販売はできないかと思って、手数料としてだけいただいているんです。

小藤
これ30円でしてもらったら、また欲しい!って思いますよね。

上山
サプライズ感って大切なので。梱包を開けた時にちょっとした驚きを提供したいんです。喜んでいただけたら嬉しいので頑張ってます。

小藤
自分用にラッピングを頼んでくれる人がいそうですね。

住野
うちもラッピングは通常お金をいただいてるんですけど、クリスマスシーズンは、無料にしていました。そうすると、自分用にということでラッピングされる方も多いです。

上山
クリスマスの季節は、自分にもご褒美!って購入される方もいらっしゃいますよね。雑貨は、自分の為に買う以外に、プレゼント用としても購入される事が多いので、ギフト向けのアイディア、差別化は大切じゃないかと思います。

住野
ギフト設定は大切ですね。やったほうがいいと思います。ギフトをもらった人がサイトを見てくれるっていう、広がりが出てきますし。

小藤
私は一昨年の12月頃はまだラッピングを対応していなくて、今回はじめてのクリスマス商戦に参加したんですが、注文数が全く違います!結構な人数の方がラッピングを選んでくれますね。売上もあがりました。

実は、私はラッピングペーパーを手作りしてます。
giftcover

住野
可愛い!!!!

上山
主婦の方は、お友達などのお付き合いでご出産のお祝い、入園・入学のお祝いなどプレゼントを送ったり、お返しの贈り物を探したり。プレゼントを探される機会も多いですね。

あと、私はクリスマスでも、バレンタインデーでも、一年中設定したグループを公開したままにして、毎年同じページを更新しています。SEO的にもいいと思いますし、企業の方は、イベントのかなり前に商品を探されるので。

住野
カラーミーショップさんに要望を言えば、ギフト設定で個別ラッピングできるようにしたいですね・・・。

上山
私は備考欄に書いてもらっています。

小藤
私も備考欄にしてますね。

住野
ぜひ実装をおねがいします!(笑)

5:丁寧すぎもちょっと違う!ネットだからこその言葉づかい

住野
あとは、リアルなやりとりじゃないので、接客にすごく気をつけてやっています。丁寧で柔らかい言い回しになるようにしています。

上山
どのレベルまでの敬語にすればいいかわからない時があります。
ケータイから絵文字付きでメールがくる事もあるので、そういう時は☆マークをつけてみたりします

小藤
硬すぎるのも違うかな~とか悩みますよね。

 

==================================================

 

いよいよ、次回は最終回!第3回「売上だけじゃない!女性店長の本当の夢」に続きます。

 

◇関連リンク

・第1回「女性店長の1日のスケジュール大公開!

女性ショップオーナーアンケート大公開!

※なお本記事公開時点では「ギガプラン」という名称になっておりますが、2017年時点でこちらのプラン名は「レギュラープラン」となっております。ご注意くださいませ。新プランの料金表はこちら

カラーミーショップ公式LINE@

最新情報をおとどけします!

[友だち追加] ボタンからQRコードを表示してスマートフォンで読み取るか、
LINE アプリの [友だち追加] で [ID/電話番号] を選択後 [@colormeshop] を検索してみてください。

友だち追加

@colormeshop