• トップ > お知らせ トップ
  • 2016年5月11日 育児しながらオリジナル商品開発!「キラクニ」が経験ゼロから理想のネットショップを作れた理由。

育児しながらオリジナル商品開発!「キラクニ」が経験ゼロから理想のネットショップを作れた理由。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ショップオーナーインタビュー quiraku ni 川村 尚子さん

0082_original
麻100%の子ども用パンツを販売する「quiraku ni(キラクニ)」。店長の川村さんはフリーカメラマンで一児の母。育児をしながら、経験ゼロからオリジナル商品の開発とネットショップ開設を成功させました。カメラマンならでの視点とお母さんならではのアイデアで生まれたネットショップ。どのように作られたのか詳しくお話を伺いました。

はじめにキラクニさんで売ってるアイテムについて教えてください。

麻100%の子ども用パンツを販売してます。カタチは「ちょうちん」と「ストレート」の2タイプ
カラーはそれぞれ4色ずつの全部で8色展開です。

0056_original

商品の「強み」はなんですか?

ポイントとしては2つ。1つは、子どもが着てラク。麻なのでとってもやわらかいんですけど、そのうえかなり薄手なので通気性がいいんです。
もう1つは、ママがラク。丸めるとおしぼりくらいのサイズになるしお手入れもすごくカンタンなんですね。洗濯機で洗えば泥も落ちるくらい。

0049_original

お店の名前「キラクニ」も「子どもが着て楽」っていう意味と「ママが子育てをもっと気楽に」っていう2つの意味を込めてるんです。

もともと洋服関係のお仕事をされていたんですか。

いえ、洋服のことなんて全く知らなかったんです。
もともと、子どもが生まれるまでフリーカメラマンをしてました。子どもが生まれて4年くらい育児に専念してたのですが、昨年ネットショップを開設しました。

子ども用パンツを作られたきっかけは?

仲の良い友だちが息子に麻のパンツをくれたんです。そしたらすごく気持ちよくて。
ちょうど「何か新しいことを始めたいな」と思っていたときだったので「これだ!」って思い立ったんですね。

0051_original

では最初は手作りからスタートしたんですか?

いえ。手作りのものを商品にするのは難しいと思って、OEM(※)を利用しました。

※「相手先ブランド製造」のこと。発注元企業の名義やブランド名で販売される製品を製造すること。

OEMをしてくれる製造会社さんはどうやってみつけたんですか。

ネットで検索して、小ロットでも対応してくれる会社さんにいくつか連絡をとりました。
一番はじめはもらったパンツをばらしてパターンのラフを作りましたね。あとは会社さんと打ち合わせして、きちんとしたパターンに起こしてもらって商品開発しました。

商品開発とネットショップ開設、どれくらい時間がかかりましたか?

そんなにかからなかったと思う、ノッてるときにガーッと進めちゃったから。
子どもを9時に送りだして10時半にOEMの会社さんと打ち合わせして、そのあいだに生地屋へ行って、午後になったら子どものお迎えに行って。夜子どもが寝てる時間にネットショップを作って、土日撮影! みたいな! すごい勢いで進めましたね。

0039_original

ネットショップを開設するまでで、一番苦労したのはどの点ですか?

全部が初めてだったので全部大変だったんですけど、ネットショップ開設は、やっぱり一番苦労しましたね。HTMLとか全くわからないので最初「どうしよう!」って…。

HTMLなどの知識がない状態から、どうやってネットショップを開設されたのですか。

かなりの回数、電話させてもらいました。片手で電話しながらパソコンを操作するかんじ。カラーミーさんのサポートの人がすっごく親切だったので本当に助かりました。これは冗談ぬきです。

0031_original

どんなことを相談されたんですか。

たとえば「ショップのサイドにリンクをつけたいんだけど…」とか、すごく初歩的なところから。すごくていねいに教えてもらったので、本当にやりやすかったです。

開設までに、電話サポートをたくさんご利用いただいたんですね。

メールで質問したらすぐ返ってきて「電話ほしい!」っていったら、すぐ折り返してくださったので、ほとんど滞らず進めることができました。
今思えば、ゼロからのわりに、イメージしたものに近いショップをかなり早く実現させることができましたね。
だからわたし、友だちに「ネットショップ始めるとき、カラーミーさん、すごくよかったよ!」って言ってます。

ありがとうございます。でも数あるネットショップ作成サービスの中からなぜカラーミーショップを選んでくださったのですか?

決め手はテンプレートです。どうしても今のデザインでも使ってる「Panorama(パノラマ)」を使いたくて。

panorama_4

「パノラマ」を使いたい理由は?

ネットショップって、どんなによい商品でも写真がよくないと絶対買おうと思わないじゃないですか。
逆にいうとイメージがよければ次に進んでもらえますし「かわいい」という入り口だけでも興味を持ってもらえるなと思ったので、とにかくイメージカットを大きく扱いたかったんです。

slideshow_img2 9.33.57

サイトの写真は川村さんが撮影されたんですか?

はい。幼稚園とか公園で遊んでたかわいい子たちに、モデルになってもらいました。
商品が男女兼用なので中性的なイメージがいいなと思って、そういう雰囲気の子たちを選んでます。

すてきな写真をきっかけに、商品に興味をもってもらう。しっかり、サイトから伝わってきます。

そこをすごく大切にしてるんです。
なのでそこにはケチらず、無料のサービスとかテンプレートじゃなくて、理想的な見せ方をできるカラーミーさんを選びました。

0047_original

ネットショップ開設後は、何かサポートなど利用されてますか?

ネットショップ開店スクールに参加しました。そこでママさん店長さんとお友だちになったりして「また会おうね」って言ってるところです。

そこで知り合った人と情報交換されたりしましたか。

そうですね、ママさんクラウドサービスをおすすめしてもらって、実際に使ってみました。
発注するわたしも受注する方もママさんなので、同じ時間帯で連絡を取り合えるのがすごく楽でしたね。

活動時間が同じだからやりやすいんですね。ブログやSNSは運用されてますか?

一応ブログとInstagramとFacebookをやってるんですけど、もっとがんばらなくちゃいけないなと思ってます。
商品を着てるところとかもっと見せていけばいいのか、自分の生活スタイルも含めて発信していくのがいいか模索中です。

0019_original

SNS以外に何かプロモーション活動はされてますか?

イベントにはけっこう出店しています。実際にさわってもらうと「いいね!」っていう意見が多いので、手応えを感じます。

商品について今後の展開は何か考えていますか。

そうですね。男女兼用の商品ではありますが、女の子だと土日はスカートを履きたがったりするので、今後はスカートも作ってみたいです。
あとは柄ものや大人用もいずれは展開したいなって思ってます。

0011_original

これからチャレンジしてみたいことはありますか。

そうですね。「キラクニ」の綴りは「quiraku ni」なんですけど「qui(くい)」ってしたのは「食」にまつわる活動をいつか展開したいなと思っていたからなんです。
3.11以降、食育に関して何か世間に提案していきたいなと思っていたのですが、それを最初にうたっても「?」となってしまうので、まずは入りやすい麻のパンツから、悪いものをデトックスしていくことを提案していけたらなというところです。

最後にこれからネットショップを始める方へ一言おねがいします。

やりたかったら躊躇しないで伝える。とりあえずやってみる。
大人になると情報に頼りすぎるところがあるけど、あれこれ考えてるうちにモチベーションが下がっちゃうことのほうが多いから、思い立ったらまずやってみるのがいいと思います!

0043_original