《初心者向け》競合と差がつく!販促アイデア 〜 クリスマス編 〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハロウィンの次は、いよいよクリスマス!
競合と差をつける【3つの販促アイデア】

xmas
こんにちは。ディレクターのちょれです。ハロウィンも終わり、いよいよ11月。ネットショップオーナーのみなさんは、クリスマスに向けた販促の準備は、順調でしょうか?「店長として初めてのクリスマス、何をやったらよいのか分からない!」「毎年やっていてマンネリ化してる…」そんなオーナーさまへ、クリスマスの販促で競合に差をつける3つのアイデアをご紹介します。

1.役立つ「読み物コンテンツ」を充実させよう!

今年のクリスマスイブは水曜日。クリスマス当日は木曜日と、週の真ん中・平日ということもあり、自宅でクリスマスを過ごす人が多いかも。 ということで、2014年のクリスマス販促は、ぜひ「家で楽しむクリスマス」を切り口にしてみてはいかがでしょう。たとえば、食品・雑貨を取り扱うショップさんは、お家で作るパーティー料理のレシピや、テーブルコーディネート・お部屋の装飾に役立つ「読み物コンテンツ」を用意すると、Facebookなどでシェアされる可能性が高いはず。

▼「読み物コンテンツ」作るのに役立つ記事はこちら

インタビュー「北欧、暮らしの道具店」さんに聞くメディアECの作り方
フリーページの編集方法(マニュアルへリンクします)

2.「お一人様」をターゲットに特集を企画してみては?

2140171974_82d7fed51a_z 読み物のほかにフリーページを使って「クリスマス商品特集」を組むのもおすすめです。ただ、こういった商品特集は競合とかぶりがち…。そこで、「みんなで盛り上がる」ことを前提に訴求しがちなところを、あえて「自分へのごほうびクリスマスディナー」「1人クリスマスを盛り上げるごほうびセット」のような切り口で、特集を組んでみるのはいかがでしょう。 上記に書いたように今年のクリスマスは平日なので、今年は少人数、1人で楽しむ人が多いかも。他のショップと差別化できるかもしれません。

▼「お一人様向け特集」を企画するのに役立つコンテンツ

お一人様に関連するまとめ記事(NAVERまとめ)
1人で過ごすクリスマス参考記事(nanapi)

3.カウントダウンや日替わりネタで毎日来てもらおう!

11559325536_9ecb0ee2b8_z 同じキャンペーンを1カ月実施するよりも、毎日違ったトピックがあるほうが来訪動機や異なるお客さんへのリーチに役立つはず。たとえばクリスマスまでをカウントダウンする「アドベントカレンダー」にならって、毎日異なる商品やエピソードを紹介してみるのはどうでしょうか?
紹介するネタですが「共感できる情報」「役立つ情報」「人に教えたくなる情報」を意識して1つテーマを組んでみるとよいかもしれません。

▼毎日異なるネタを配信するのに役立つコンテンツ

共感できる情報」・・・あるあるエピソードを毎日1ネタ紹介&商品をおすすめする
クリスマスあるあるまとめ(NAVERまとめ)
クリスマスあるある(Girls Channel)
役立つ情報」・・・クリスマスにまつわる本や映画を毎日紹介&商品をおすすめする
クリスマスに見たい映画まとめ(NAVERまとめ》
ベスト&ワースト クリスマス映画100選
人に教えたくなる情報」・・・おすすめのイベントやスポットを写真で毎日紹介&商品をおすすめする
Walker Plus おでかけ情報
Let’s Enjoy Tokyo おでかけ情報
Time Out Tokyo おでかけ情報

クリスマスまでの期間を有効に使って集客アップを狙いましょう!

カラーミーショップ公式LINE@

最新情報をおとどけします!

[友だち追加] ボタンからQRコードを表示してスマートフォンで読み取るか、
LINE アプリの [友だち追加] で [ID/電話番号] を選択後 [@colormeshop] を検索してみてください。

友だち追加

@colormeshop