よむよむカラーミー
オンラインショップ運営を、
もっと楽しく。
オンラインショップ運営を、
もっと楽しく。
MENU
気になるワードは?

一度食べたら忘れられない! 谷根千でうわさのジェラートをお取り寄せしてみました。

「食べ歩きの町」として人気の高い谷根千エリア。
この町の小さなイタリアンダイニング・BISTOIRE(ビストア)さんは、近頃とあるスイーツで注目を集めています。

そのスイーツとは…オーナーシェフ手づくりのオリジナルジェラート
「一度食べたら忘れられない」と話題を呼び、最近ではテレビや雑誌の取材クルーもたびたび訪れるようになったのだとか。

今回はそんな噂のジェラートをお取り寄せ! 編集部スタッフによる実食レポートをお届けします。

お取り寄せしたのはこちらのアソートセット

さっそく実食!

ジェラートの試食に名乗りを上げたのは「夏でも冬でも冷凍庫にアイスは欠かさない!」と豪語するこちらの女性スタッフたち。それではさっそくいただきましょう!

なぞのジェラート「根津」ってどんな味…?

スタッフR
この「根津」っていうのは何の味ですかね。

食べてみてのお楽しみです。

スタッフT
色は抹茶アイスっぽいけど…ずいぶん渋い名前ですねぇ。いただきます!


おそるおそる口に運んでみると…?

何の味かわかりましたか?

スタッフR
ん、抹茶味ですね! あっさりしてる。でも何か練り込まれてる
スタッフT
……これは羊羹だね。しっとりしてておいしい。
スタッフR
抹茶って子どもはちょっと苦手だったりするけど、これは絶対大丈夫だと思う! 和の風味と洋の口どけがうまくマッチしてますね。

 

口の中で味が変化する「焦がしキャラメル」

さあ、早く他の味も食べないと溶けてきちゃいますよ。

スタッフR
じゃあ、次は「焦がしキャラメル」いきます!

スタッフR
じんわり苦みがきいてておいしい! 今までのアイスでは食べたことない味ですね。ちゃんと焦がしたような香りがする。
スタッフT
うん、うまくいえないけど…高級なキャラメルを食べてるみたい!
口の中で「甘い」から「ほろ苦い」に変化していくのがわかります。]

ビスケットにのせて、他の味もいただきます

スタッフR
とちおとめ」は果肉のつぶつぶ感がすごい! 紅茶にもよく合いますね。
スタッフT
わたしは「八ヶ岳ミルク」も好きです。口どけが生クリームみたいでふんわり濃厚…でも後味はすっきりしてる。


 

どんな世代にもおすすめできる「もなかジェラート」

左から「塩あずき」と「抹茶あずき」。

次は、この2種類のもなかジェラートを食べ比べてみてください!

スタッフR
あ、和菓子みたいでかわいい。これ写真撮ってもいいですか?

スタッフT
これ、もなかの生地が厚すぎないのがいいですねぇ。手のひらにおさまるぐらいの大きさだから、ペロッと食べきれる。
スタッフR
「塩あずき」はさっぱりしてるから男の人にもおすすめ。あずきがたっぷりだからおじいちゃんおばあちゃん世代も喜ぶやつですね!

 

アイス好き女子2人のベストジェラートは…?

ここまで食べてみて、一番おいしかったのはどれですか?

スタッフT
せっかくだし同時に発表しましょうか。せーの……。

スタッフR&T
「「焦がしキャラメル!」」

おおっ! 2人とも一致した!

スタッフR
もう、圧倒的ナンバーワンでした!
スタッフT
味わいはまるで生キャラメルそのもの。なのに口の中でねっとり残る感じがないので、すごく食べやすかったです。
スタッフR
他のジェラートもさっぱりしてておいしかったです!

試食会が終わっても「たくさん食べても飽きがこない」「いつまでもおいしい!」とうれしそうに食べつづけていた2人。そろそろ仕事に戻ってください!
 

おいしさの秘密、商品開発者にこっそり聞いてみました。

せっかくなので、今回のジェラートを開発した「BISTOIRE」のシェフ・加藤 豪さんにおいしさへのこだわりを詳しく教えてもらいました。

加藤シェフはジェラートを作りはじめて30年以上になるのだそう。

アイスとジェラートの違いって?

ジェラートは、一般的なアイスに比べて乳脂肪分や空気の含有量が少ないのが特徴です。だから素材の味や香りがグッと引き立つ
本場イタリアでは、デザートというよりひとつの料理として確立されているんですよ。

ふつうのジェラートとは何が違うの?

口当たりはなめらかで濃厚、それでいてさっぱりと甘すぎない。
コクと爽やかさを融合させた僕のジェラートは、食べ進むにつれて口の中で味わいの感触が変化するのが特徴です。

だからどんなに食べても飽きがこないし、食べたあといつまでも記憶に残るんです!

おうちでできる食べ方のコツは?

冷凍庫から出したばかりのカチカチ状態で食べるのはもったいないです!
5~10分ぐらい置いて、カップの側面が少し柔らかくなるまで待ってみてください。そしてスプーンなどで空気を含ませるように練り混ぜると、香りと味がいっそう楽しめますよ。


商品の詳細はこちら 

BISTOIREさんの本格ジェラートは、年末年始のギフトや手みやげにも最適とのこと。
家族・友人みんなで楽しめる大きなサイズのアソートセットも揃っているので、ぜひ一度オンラインショップでチェックしてみてくださいね!

今日ご紹介したオンラインショップはこちら

口の中で奏でる 記憶に残るジェラートBISTOIRE


オンラインショップはこちら