• トップ > お知らせ トップ
  • 2014年5月1日 《セミナーレポート》販促ノウハウ100本教えます!メディアミックス&広告活用編【THE販促2】 

《セミナーレポート》販促ノウハウ100本教えます!メディアミックス&広告活用編【THE販促2】 

このエントリーをはてなブックマークに追加

dbeb19a8-d0f7-11e3-8063-68e2ecd8241a

〜メディアミックス&広告活用編〜

「カラーミーショップ」やショッピングモール「カラメル」での実績を武器に、EC事業に強いペパボスタッフが「ネットショップの販売促進」についてのノウハウをお伝えする【THE 販促】シリーズ!今日は大好評の第1弾レポートに続き、「メディアミックス&広告活用編」をお届けします!


イベントの発表プレゼン資料はこちら(1/2)
イベントの発表プレゼン資料はこちら(2/2)

1. テレビ・雑誌などでの露出を最大限に活かすべし!

ただショップを紹介されるだけだとなかなか売上に結びつかないのでが現状です。メディアに紹介されたということを店舗運営にうまく役立てましょう!

【販促ノウハウ012】ショップ・ブログ・ソーシャルメディアでイメージを統一する

安宅「実店舗をお持ちの方は、リアルショップ、ネットショップ、ブログ、ソーシャルなどのデザインやロゴを統一してみましょう。ショップ名も読みやすいデザインにすると覚えてもらいやすくなりますし、分かりやすいロゴを作ることでインターネット上でお店を知った方に印象付けることができますよ! 『このショップ、見たことある』と思っていただければお店への信頼感も増しますし、お気に入り登録してもらえる可能性がUPするなど、様々なメリットがあります。」 

 

【販促ノウハウ013】メディアに取り上げられる際には、事前告知を徹底する

安宅「たとえばテレビに出演することが決まったら、テレビに出るということをサイトやSNSで告知して、テレビで放送されるときに登場するキーワードで上位表示されるような準備しておくと効果的です。番組名やコーナー名、紹介される商品とかのキーワードでお店のページがヒットするような状態を作っておきましょう。ここで上位表示されないと、せっかくテレビに紹介されても全然売れないことに・・・。」

pvevent03
【販促ノウハウ014】雑誌などの露出をネタにサイトに導線をつくる

山下「もちろん雑誌に載ったら嬉しいんですけど、紙媒体からアクセスを引っ張ってくるのは難しいので、割り切ったほうがいいでしょう。営業ツールですよという感じで捉えておくとよいかもしれません!」

安宅「雑誌に載ったり本になったりすることはお店のブランディング化にもつながりますので、載ったということをブログなどでうまく紹介していくといいと思います!雑誌や本のタイトルから検索してきたユーザーを引っ張ってくることができますよ。」

 

【販促ノウハウ015】一気に商品の認知度を高めるためには芸能人への依頼も有り

安宅「ブランド品を一気に売るためには、アメブロをやっている芸能人に紹介してもらえたりするとグーンと売上が伸びたりするので、『アメブロ 広告 芸能人』などで調べてみてもいいですね。」

山下「そうですね。芸能人に商品を使ってもらうためには、広告代理店を通すのが一般的だと思います。」

 

2. PRのプロは特性ごとに媒体を使い分ける!

媒体を使い分けることは大切です!ブログなのかTwitterなのかメルマガなのか・・・発信したい情報によって媒体を使い分けましょう。

 

【販促ノウハウ016】商売っ気を出さずに販促するならメルマガがベスト

安宅「商売っ気を出さずに販促するなら、メルマガ限定でショップのセールURLを送るという手法もあります。セールなどのニュースをメールを送るタイミングのちょっと前に公開すると、検索エンジンがクロールする前にお客さんにお届けすることができます。ブログ読者限定というやり方もありますが、メルマガが最も限定感があります。」

 

【販促ノウハウ017】SNSの実績をショップでアピールする

安宅「これまでの活動をPRするなら、まずはフェイスブックページの投稿を露出できるブログバーツをショップのTOPページに貼ってみてはいかがでしょうか?Pintarest(ピンタレスト)などまだ日本ではそんなに流行していないSNSではなく、画像からの流入を増やすならFacebookかTwitterを活用しましょう。」

 

3. 広告の効果的な使い方は費用対効果が肝心!

広告を使うなら、最大の効果を得られるように予算配分を決めましょう!

 

【販促ノウハウ018】広告出稿は、コンバージョン率を高めてから

安宅「まずはコンバージョン率を上げるところにお金をかけてみるといいと思います。類似ジャンルのランディングページを参考にページを作ってみて、ランディングページを最適化させた上で広告を出したほうが費用対効果が変わってきますよ。写真や商品の説明テキストを用意すれば、ランサーズとかクラウドソーシングで頼めば5万円ぐらいでやってもらえるはずです。クラウドソーシングのセミナーとかもありますので、ぜひ足を運んでみてください。」

山下「よく目にする縦長のページは格好悪くて嫌だという人いるんですけど、実際よく売れるんですよ。」

 

【販促ノウハウ019】AdWordsに広告を出すならGoogle Analyticsの導入を

安宅「リスティングに出稿するならGoogle AnalyticsのEコマース機能を使って徹底的にデータ分析することをおすすめします。無料で導入することができるグーグルのアクセス解析ツールですが、かなり細かくいろいろな指標を見ることができます。」

hansoku_3
【販促ノウハウ020】リピート率の高い商品は、PPCやカラメルへ積極的に広告出稿する

安宅「リピーターが多い商品の場合は最初に広告宣伝費をかけても費用を回収できると思いますので、今どのぐらいPVがあってどのぐらい売れているというデータがあるのであれば、そこで1流入あたりどのぐらいの単価だと利益がでるか分かると思いますので、予算に合うキーワードを選んでPPC(クリック課金型のインターネット広告)やカラメルの広告出稿をどんどんやるといいと思います。」

山下「初回購入は利益をとらなくていいと思うので、LTVとか(生涯顧客単価)見えてくると、どのくらいお金をかけていいか分かると思います。しっかりデータをとってどんどん新規ユーザーを獲得してください!」

 

セミナー講師のご紹介

山下 諭(GMOペパボ株式会社 運営支援グループマネージャー)

株式会社グレープサテライト設立、中小ECショップの支援を展開。カラーミーショップ専門のテンプレートを開発し、公式提供。2012年株式会社paperboy&co.にジョイン。
A-4

安宅 啓(GMOペパボ株式会社 カラーミーショップグループマネージャー)

ショッピングモール「カラメル」事業部長を経て、カラーミーショップマネージャーに就任。
「カラメル」時代に100本以上の特集ページやキャンペーンなどの企画立案・運営を行う。2009年にウェブディレクターとして関わった「弁当男子」企画では、その活動がテレビ、雑誌等の各媒体で取り上げられるようなPRを企画。

ataka_ganbaru
 


〜 いかがでしたか?「購買率UP & 店舗運営+α編」も乞うご期待ください! 〜

販促に関するお悩みは「サポートコミュニティ」におまかせ。相談・議論の場として、ぜひご活用ください。
>>> サポートコミュニティはこちら

 

シリーズ【THE 販促】過去の記事もチェック

カラーミーショップ公式LINE@

最新情報をおとどけします!

[友だち追加] ボタンからQRコードを表示してスマートフォンで読み取るか、
LINE アプリの [友だち追加] で [ID/電話番号] を選択後 [@colormeshop] を検索してみてください。

友だち追加

@colormeshop