TradeSafe 設定

TradeSafe トラストマークをショップに表示する設定を行います。

TradeSafe トラストマークとは

トラストマークは信頼の証。
「トラストマーク」を表示すれば、お客様にショップの信頼性をアピールできるので、安心して商品を購入してもらうことに繋がります。

また、商品購入時のお客様とのトラブル等にも対応いたしますので、万が一トラブルにあった場合にも解決までの時間を短縮でき、オーナー様の心理的負担が軽減されます。

各種設定項目を入力

使用設定

PCショップ・モバイルショップで TradeSafe トラストマーク を使用するかしないかを設定します。
※「使用する」に設定した場合、商品購入画面の「確認」のページに「トレードセーフ注文情報送付同意ボックス」が表示されます。
 詳しくはこちら

会員ID

トレードセーフとご契約時に発行された会員IDを入力します。

トラストマーク

上記の設定を行い【更新】ボタンを押すと、内容が表示されます。

トラストマーク表示用のタグを発行

「トラストマーク」をショップに表示する為の独自タグが発行されますので、「トラストマーク」を表示させたい部分に、ショップ表示用のタグをテンプレート編集(上級者モード)の HTML部分に貼り付けてご利用ください。

サイズはどちらをお選びいただいても同じ効果があります。
ショップのデザインに合わせてご利用ください。

トラストマークは「カートの中身を見る」ボタンの付近など
  ・「どのページでも表示される共通部分の箇所」に1つ
  ・「カートに入れるボタンの付近」に1つ
表示するのが効果的です。

※ショップページの商品詳細(”カートに入れる”ボタン の下部)にタグを挿入した場合「トラストマーク」表示タグをショップに設定した場合、左の画像の様に表示されます。

商品購入時に表示される「TradeSafe注文情報送付同意ボックス」について

管理画面の【 TradeSafe 設定 】ページの「使用設定」で「使用する」に設定している場合、商品購入画面の「確認」のページ下部に「TradeSafe注文情報送付同意ボックス」が表示されます。

 この部分のチェックをつけたまま商品を購入しますと、TradeSafeから商品購入者様に、補償通知メールが送信されます。また、ショップオーナー様にも控えのメールが送信されます。

商品購入者様がチェックを外して商品を購入した場合、商品購入者様にもショップオーナー様にも補償通知メールは送信されず、商品購入者様にはあんしん補償サービスが適用されません。