ネットショップ運営のノウハウ

このページではネットショップの開業や運営でよくあるちょっとした疑問を解決する方法、こんなことができるというちょっとしたノウハウなどを紹介していきます。

配送について

配送伝票番号(送り状No.)の入力はスマホでらくらく

カラーミーショップのスマートフォンアプリ(iPhone、Android)を利用すれば、面倒な伝票番号の入力業務から開放されます。
アプリのバーコードリーダーで読み取るだけ!

入力の手間が省けるだけでなく、入力ミスの心配からも開放されます。ぜひご利用ください。詳しくは以下のページをご覧ください。

複数のお届け先を指定したい

お中元やお歳暮のようなギフトの場合、一回の注文で複数のお届け先を指定したい場合があります。
カラーミーショップでは購入時に複数の配送先を指定することが可能ですので、購入者に何度も注文手続きをする負担を強いることがありません。

さらに、次のような注文も可能です。

  • アイテムAを5個
  • アイテムBを2個

これらのうち

  • アイテムAの2個とアイテムBの1個をPさんにお届け
  • アイテムAの2個とアイテムBの1個をQさんにお届け
  • 残りのアイテムA1個をRさんにお届け

こういった注文が1回で可能ですので、購入者の注文手続きの負担が軽減されますので、カゴ落ちの心配が減ります。

設定方法

設定はとってもかんたんです。
下図のように配送基本設定で「複数箇所」を選択してください。

ピッキング・梱包作業を楽にしたい

受注伝票を印刷して利用すると時間の短縮になるばかりでなく、配送時のミスを事前に防ぐことにもつながります。

 

送料について

5,000円以上で送料無料にしたい

指定した金額(5,000円、10,000円など)以上の購入の場合に送料を無料とすることが可能です。

送料請求欄に金額を入力する

配送方法設定で配送会社を選択します。編集画面で下図のように設定すると指定した金額以上の購入の場合には送料無料になります。

一定の金額以上になると送料が無料なら「ついで買い」を促すことができるので、売上アップのためにもぜひこのような設定を行いましょう。
また、ついで買いをしやすいように、1,000円以下の商品などをグループ機能を活用して集めておくのもおすすめです。

離島の送料を抑えたい場合

ゆうパックなら離島の送料がかかりません。詳しくは日本郵便の「ゆうパックは離島宛のときに離島料金がかかりますか?」をご覧ください。
同様にクロネコヤマトの宅急便なら離島の料金が別途かかることはありません。

離島からの注文があった場合は、ゆうパックおよびクロネコヤマトの宅急便で発送することを検討してみてください。

大口契約を結んで送料を大幅にダウン

配送会社では一定の条件をみたす場合には送料が特別になる大口契約を結ぶことが可能です。
ぜひメインでご利用されている配送害者に問い合わせをしてみましょう。

料金後納を利用して業務効率化

日本郵便なら一定の条件(毎月50個以上の出荷など)を満たせば配送料の料金後納が利用できます。

日本郵便 - 料金後納 -  一カ月分の料金を翌月に一括払い 

料金後納を利用すると次のようなメリットがあります。

  • 料金を一カ月分にまとめられるので、事務所の経理業務を省力化
  • 切手をはる手間が省けるため、発送業務を効率化
  • 金融機関の預貯金口座から料金を自動的にお支払い
  • 一カ月単位で料金の一括払い

購入制限について

購入できる人をパスワードで制限したい

パスワードを知っている人だけが購入できるようにすることができます。
商品ごとにパスワードを設定できるので、例えば「○○様専用」などという販売方法が可能です。

商品にパスワードを設定する

管理画面で商品を登録する際にパスワードを設定します。

パスワードは英数字(全角・半角)でも日本語でも設定できます。
パスワードは、半角20文字(全角10文字)までです。

商品ページにパスワード入力欄を表示する

購入の際にパスワードを要求するよう、指定の独自タグを商品ページのテンプレートに挿入します。
管理画面のデザイン設定  > 商品詳細にて「HTML CSS編集」>HTML編集を実施します。
なお、独自タグは <form>~</form>内に配置してください。設置例を以下に示します。

設置例
タグ
<{if $product.password_field != "" }>
この商品を購入するにはパスワードを入力してください<{$product.password_field}>
<{/if}>
テンプレートへの記述

商品ページの表示

デザインは使用中のテンプレートによって異なります。

ギフト対応ができない商品の場合

販売している商品の中には、ギフト対応(熨斗、メッセージカード、ラッピング)ができない商品もあると思います。
そのような商品には個別にギフト対応ができない設定を行うことができます。

商品登録画面

カート画面の表示

該当商品がカートに追加された場合、自動的にギフト対応ができないことを知らせるメッセージが表示されます。

ネットショップにおけるSEO(検索エンジン最適化)対策

ネットショップを開業したら避けて通れないのがSEO対策です。モールに出店する場合と違い、本店での集客のメインは検索エンジンからとなりますので、見込み客が調べていることに答えるようなコンテンツ作りを心がけるとともに、基本的なSEO対策を実施していきましょう。

商品ページのSEO対策

商品を登録する際には、必ずタイトルタグとメタディスクリプションを設定することを忘れずに。

下図のようにGoogleでの検索結果にどのように表示されるかプレビュー表示されるので、商品を探している人(検索をしている人)にどのように見えるかも直感的にわかりますので、ショップページに訪れたくなうようなタイトルと説明を入力しましょう。

また、タイトルとディスクリプション(ページ概要)は、Googleの検索結果での表示のされ方に基づいて、目安の文字数を記載しています。現在の入力文字数もカウントしていますので参考にしてください。

また、常時SSLにすると検索結果にも好影響となりますので、SEOを意識するなら常時SSLの設定も必須です。

常時SSLを利用してSEO対策

2014年8月に、GoogleはSSL化されたサイトを評価することを公式発表しています。
さらに今は、セキュリティの面においても常時SSL化の流れとなっています。
セキュリティリスクを軽減するとともに、SEO対策としても常時SSL化を行いましょう。

参考資料

転送設定(301リダイレクト)を利用して重複コンテンツを避ける

独自ドメインを利用している場合、ドメイン設定のページで以下の2点について「使用する」とすることをおすすめします。

自動URL遷移

使用するにすることでURLの正規化(301リダイレクト)が行われますので、重複コンテンツとみなされることがありません。

転送設定

サブドメインにアクセスがあった場合に自動的に独自ドメインに転送(301リダイレクト)することで、重複コンテンツとみなされることがありません。
独自ドメインを設定後、独自ドメインのURLにアクセスしページが閲覧できる状態になったらこちらの設定を「使用する」にすることをおすすめします。


売上アップのノウハウ・テクニック・Tips

決済方法の表示順を変える

決済方法の表示順を次のようにするだけで、カゴ落ちの減少につながります。

  1. クレジットカード決済
  2. 後払い
  3. 代金引換
  4. 銀行振込などの前払い

なお、お取り扱いの商品によっては必ずしも効果があるとは限りません。
受注管理にて購入者の多くが選択している決済方法を必ず一度確認してください。