Cyberduckを使用する

Cyberduckを使ったFTPES(File Transfer Protocol over SSL/TLS Explicitモード)での設定方法をご説明します。

FTPESをご利用いただくと、暗号化された状態で通信が行われ、データの送受信をより安全に行うことが可能となります。

通信速度は通常の FTP 接続よりも遅くなります。あらかじめご了承ください。
アップロード禁止ファイル拡張子 : .exe .php .cgi その他プログラムファイル

下記ページにて、編集・確認することができます。

『Cyberduck』をダウンロードします。

Cyberduck』をダウンロードします。

※最新版(バージョン4.7)をwindowsでご利用いただいた場合、接続の不具合が発生する可能性があります。
4.7以前のバージョンをご利用ください。

ここでは『Cyberduck-Installer-4.1.2.exe』で説明します。

『Cyberduck』を設定します。

『Cyberduck』を起動します。

「新規接続」ボタンをクリックします。

『 新規接続 』 ウィンドウを開きます。

FTPアカウント情報を入力します。

FTPアカウント情報については「FTPアカウント設定」ページでご確認ください。

プロトコル

『FTP-SSL(Explicit AUTH TLS) 』を選択します

サーバー

『FTPSサーバー名』を入力します。
【サーバー番号】 が『ftp○○○』の場合、FTPSサーバー名は『ftp○○○.shop-pro.jp』となります。

ユーザー名

ユーザー名を入力します。 【例】PA○○○○○○○○

パスワード

『FTPパスワード』を入力し、「接続」ボタンをクリックします。

エラーが出て、繋がらない場合は下記をご確認ください

  1. 詳細設定にて「接続モード」が「パッシブ」になっているか。
  2. FTP容量を超過していないか。
    • ファイル容量が大きく、アップロードすることで超過していない。
  3. ファイル名が英数半角のみで作成されているか。

FTP-SSL での接続が完了しました。

接続に成功すると、サーバー内のファイルが一覧で表示されます。
※サーバー内にファイルがない場合は、上記のように何も表示されません。

ここでは「images」フォルダを作成してローカルからファイルをアップロードします。
※フォルダは作成しなくても問題はありません。

「Cyberduck」でファイルをアップロードします。

ローカルにあるファイルを選択後、展開した「images」フォルダ内にドラッグ&ドロップします。
ファイルのアップロードが完了しました。

アップロードしたファイル上で右クリックし、URLをコピー

取得したURLを絶対パス(URL)に置き換える

テキストエディタ等を用いて、下記のようにURLを置き換えてください。

取得したURL:ftp://ftp ○○○.shop-pro.jp/images/colormeshop.jpg

初期フォルダ:http://file002.shop-pro.jp/PA*****/***/
※初期フォルダは<■FTPアカウント情報>にてご確認下さい。

⇒ 絶対パス(http://file ○○○.shop-pro.jp/PA*****/***/ファイル名) となり、 置き換え後は、以下のようになります。

画像URL:http://file ○○○.shop-pro.jp/PA*****/***/images/colormeshop.jpg
※手順4《「images」フォルダ》を作成していない場合は、「images/」を削除したURLとなります。

上記の画像URLをCSVデータ等にご入力ください。