コンバージョンタグとは

「Yahoo!スポンサードサーチ」および「Google 広告」の成果測定に必要なタグを設定することができます。コンバージョンタグを設定すると、Yahoo!やGoogleの検索結果に表示される広告経由で、商品がどれくらい購入されたかを測定できます。測定結果は「スポンサードサーチ」や「Google 広告」の管理者画面でご確認いただけます。

※設定を行うには、事前に「スポンサードサーチ」や「Google 広告」などリスティング広告へのお申込みが必要です。
※測定できるのは購入完了のコンバージョンのみです。会員登録などは取得できません。
※「Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)」の測定結果は保証しておりません。

また、「Criteo」などの広告配信サービスをご利用中で、購入時の各種データを外部のマーケティングツールに送信したい方は、独自タグを設定することで計測可能なものがありますので、「コンバージョンに関わる独自タグの設定」をご確認ください。

コンバージョンタグ設定の手順

利用中のリスティング広告が指定するコンバージョンタグを入力欄に入れてください。

  • headタグ内設置

    購入完了ページの<head>〜</head>に入ります。
    Google広告をご利用の場合はこちらに入力してください。
    ※<head>〜</head> でコンバージョンが計測されない場合は、<body>〜</body>にコンバージョンタグとイベントスニペットを入力して計測をお試しください。

  • bodyタグ内設置

    購入完了ページの<body>〜</body>に入ります。
    Yahoo!スポンサードサーチをご利用の場合はこちらに入力してください。

【保存】をクリックすると処理が実行されます。

アラートが表示される場合

コンバージョンタグの中に「http://(SSL非対応のURL)」の文字列が含まれていると、【保存】をクリックした際に以下のようなアラートが表示されます。

これは、ネットショップの購入完了ページがSSL対応(「https://」)をしているためです。
アラートが出た状態で処理を実行すると、購入完了ページに以下のようなセキュリティ警告が出ることがあります。

alert

購入者が【はい】をクリックした場合

【http://】で書かれたコンバージョンタグが表示されて正常にトラッキングされますが、セキュリティの鍵マークが表示されなくなります。

購入者が【いいえ】をクリックした場合

【http://】で書かれたコンバージョンタグが表示されないため、トラッキングはされませんが、セキュリティの鍵マークは表示されます。

セキュリティ警告が出たら、タグ内のURLを「https://」の形式にするなど、コンバージョンタグを配布しているサービスのガイドラインに沿って修正してください。

この記事は役に立ちましたか?
  • いいえ (4)
  • はい (0)
2019.05.10