コンバージョンタグ

「Yahoo!スポンサードサーチ」や「Googleアドワーズ」のコンバージョンタグを設定します。
コンバージョンタグを設定すると、「スポンサードサーチ」や「Googleアドワーズ」の検索結果に表示されるキーワード広告や有料リスティングサービス経由での商品購入の割合を測定することが可能になります。

測定結果は「スポンサードサーチ」や「Googleアドワーズ」の管理ページから参照が可能です。

※ 測定できるのは購入完了のコンバージョンのみで、会員登録などのコンバージョンは取得できません。
※「Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)」の測定結果の正当性については保証しておりません。

Criteo などの広告配信サービスをご利用されており、広告効果の計測のために商品IDや販売価格などを取得したい場合には、コンバージョンタグ設定の欄に独自タグを設定することで計測が可能となるものがございます。独自タグについては独自タグの設定マニュアルをご確認ください。

コンバージョンタグを設定する

操作画面のキャプチャ

利用中のリスティング広告が指定するコンバージョンタグを入力します。
タグ設定をおこなうと、ショップの注文完了画面にリスティング広告のコンバージョンタグが挿入されます。
コンバージョンタグが挿入されることにより、リスティング広告の効果測定が可能となります。

※この設定を行うには、事前に「スポンサードサーチ」や「Googleアドワーズ」等のリスティング広告へのお申込みが必要です。

btn

【SSL対応URLに変換】ボタンをクリックすると、設定タグ中の「http://」を「https://」に変換します。

注意事項

Webショップの購入完了ページはSSL対応の為、コンバージョンタグに「http://」の形式のURLが含まれていると、Webショップの購入完了ページに以下の様なセキュリティ警告のウィンドウが出る場合があります。

そのため、設定タグするコンバージョンタグは、「https://」の形式のURLに変更するなど、コンバージョンタグを配布しているサービス内容に合わせて変更してください。

■ショップの【購入完了画面】で、以下のようなウィンドウが表示された場合

alert

【はい】をクリックすると…
【http://】で書かれたコンバージョンタグが表示され、正常にトラッキングされますが、ウィンドウ下部に表示されていたセキュリティの鍵マークが表示されなくなります。

【いいえ】をクリックすると…
http://】で書かれたコンバージョンタグは表示されないため、トラッキングでませんが、ウィンドウ下部に表示されていたセキュリティの鍵マークは表示されたままです。

登録ボタンをクリック

操作画面のキャプチャ

確認のアラートが表示されますので、【OK】ボタンをクリックします。
※設定タグ中に【http://(SSL非対応のURL)】の文字列が含まれる場合は、左図の様なアラートが表示されます。
※【更新】ボタンをクリックせずに他のページ表示すると、入力内容はクリアされ無効となります。

完了

操作画面のキャプチャ

【もどる】ボタンをクリックすると、【タグ設定】ページに戻ります。