open menu
GMOペパボ

セミナーが成長につながった。近い距離で一人ひとりの意見を聞けるのはかけがえのない財産

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ショップオーナーインタビュー 「ビューティープロダクツ」代表・廣瀬涼子さん(第2回)

専門商材を扱うときに気をつけなければならないのは「ユーザーが知っていて当たり前」という先入観。「お客様は施術のプロであって商材のプロではない」ということに気づいた廣瀬さんは、8年前から商品の使い方を説明するセミナーを開催しています。「私にあったセミナースタイルはフラットで一人ひとりと話ができるものなんです」と語る廣瀬さん。参加者との交流を大切にしたセミナーは毎回気づきが多く、彼女にとって欠かせないものとなっていきました。


連載記事

「当たり前」が当たり前ではないと気づいた

52_large

やまピー セミナーを長く続けていますよね。お客様に施術をしたり商品を提供するのとはまた違った取り組みだと思いますが。始めようと思ったきっかけが気になります。

廣瀬 セミナーを始めて8年になります。当初、販売先であるお客様はプロですから、商品の使い方とか説明とか、みんな当たり前に知っている事だと思っていたんです。だからセミナーや説明は必要ないと思っていたんですよ。でも、結構、知らないことが多いのに気づいて、質問を頂くたびにブログでお答えをしていたんです。でも「この悩みは絶対みんな抱えているよな」と思って。一度、質問を集めたんですよね。それでそのことについてお答えするセミナーを開いたらけっこうなお客様にいらしていただいて。ああ、こういうのが必要だったのだなって。それからずっと続けていますね。

やまピー お客様が知らないことが思ったよりも多かったのですね。

廣瀬 自分が発信する側や商品を提供する側だと、知っていて当たり前だろうと思ってしまいがちです。でも、お客様は施術のプロであって商材のプロではない。ですから、商材そのものの教育や技術に関して情報の提供というのはすごく必要なことだと感じました。

壇上から話すのは性に合わない。少ない人と近い距離で接したい

やまピー 商品を売るだけではなく、セミナーを8年続けている事がビューティープロダクツさんの特徴だと感じました。

廣瀬 セミナーはお客さんと会えるので身近になります。私達の商売は使ってもらえてなんぼなので。それに、お客様と近い存在でなければ良いアイデアを貰えないんです。

やまピー セミナーだけで収益化はできないですよね。儲かるものでもないし。

廣瀬 全然ですね(笑)

やまピー 8年も続けるっていうのはよっぽどの意志がないとできないですよ。どういうモチベーションでやってこられたのか気になります。

廣瀬 皆さんにパワーを貰っています。フランクに話しかけて頂いて、お話すると良い意見がいっぱいあるんです。「こういうのを求められているんだ」とか「ここが使いづらかったのか」っていうのも分かりますし、自分も成長させていただいていますね。気付きがあるんです。

やまピー 一人一人とコミュニケーションがとれるセミナーなんですね。

廣瀬 参加者を15人くらいに抑えて回数を多くしています。壇上の上から話すというのは私の性格に合わないです。

やまピー 短期的な目ではなく、長期的なものを視野に入れているという感じがします。廣瀬さんのファンになって、「この方の紹介する商品が欲しい!」と思うお客さんが増えると思います。 

廣瀬 私の姿勢に共感してくれた時はすごく嬉しいです。最初は、情報を提示しないとお客様が困ってしまうと思って始めたんです。結果的にいい方向に向いてくれたんだと思います。一番の集客にもなりました。

“コンプレックスを活かす”というまつ毛エクステの可能性を提案していきたい

57_large

やまピー セミナーは主にどういった事をされているのか教えてください。

廣瀬 座学が多いですね。技術においての特化した事を。例えば、流れの一つに焦点を絞って、そこを徹底的にやるんです。

やまピー 男の僕にはイメージが・・・(笑)

廣瀬 そうですよね(笑) 例えば、まつ毛エクステは装着する人工のまつ毛なんですが、この商材を使ったらこうなりますよ、とか。この商材を使えばこういうコンプレックスに効果的ですよ。といったところを説明させていただくんです。「可愛くなりたい」「セクシーになりたい」という点も重要ですが、目元って「コンプレックスを改善したい」とか「もっとこうなったらいいのになぁ」って思っている方がすごく多くて。漠然とした感覚じゃなくて、具体的なデザインの説明をした方がお客様に喜ばれます。「このエクステのこういう形状のものを使うとここが改善されて、こう見えますよ」っていう説明をしていますね。

やまピー 男からしたらエクステを付けているか付けていないかわからないですね(笑) 実はかなり付けている女性って多いですか?

廣瀬 かなり多いと思いますよ。電車に乗っているとよくお見かけしますし、横顔がより綺麗になるので。エクステって女性の美容なので男性にはわかりづらいですよね。わかります?(笑)

やまピー 女性の美容、完全にそうですよね。ここに女性がいればよかったんですけど・・・(笑) でも、女性が自信をもって笑顔でいることが一番だと思います。街歩く女性がハツラツとしているのは男性からしても楽しいですし。

廣瀬 そうですね。「コンプレックスを活かしたエクステをお客様に提供できる」という可能性の提案をサロンさんに向けて発信し、支援していきたいと思っています。

>>【第3回】お客様の質問に本質が隠されている。「対話」がコンテンツ作りのヒントに

投稿者プロフィール

ごんざぶろー

ごんざぶろー

気になった事、好きな事にはなりふり構わず突き進んでます。 シナリオ、小説執筆が趣味で、歴史、読書、スポーツ、旅行と楽しい事が大好きです。 悠々自適に暮らしたい。現実は厳しい。

更新情報を受け取る

ちょっとおもしろくて時々役立つ ニュースやコラムを購読する