ショップブログ マニュアル GMOペパボ
ブログ講座 : RSSとは

RSSとは

RSSとはRich Site SummaryまたはRDF Site Summaryの略でウェブページのメタデータと呼ばれるものです。
メタデータとは「データに対するデータ」という意味でブログの場合ではその記事、サイトに対するデータが記述されています。
例えば記事のタイトル、概要、投稿日、投稿者などが記されています。
様々なブログサービスでも、ほぼ一定の書式が統一されているためデザインやhtmlが違っても、データ面でほぼ同じように扱うことができる利点があります。
またRSSリーダーと呼ばれるソフトウェアでも読むことができます。

RSSリーダー

ではどんなウェブサイトがブログと呼ばれるのでしょうか?ブログの特徴をあげてみます。
RSSリーダーにRSSファイルを登録しておくとブラウザで各サイトを見回らなくても、情報を得ることができるためアンテナのように使うことができます。
RSSを公開しているサイトにはblogの他にもニュースサイトやいろんなサイトがあります。

ブログとRSS

ショップブログをはじめとするブログサービスはほぼRSSに対応しています。 ショップブログの各ブログにあるRSS 1.0というリンクの先にRSSファイルがあります。普通にブラウザで見ると意味のわからない文字列の羅列になっていますが RSSリーダーと呼ばれるソフトウェアに登録することで blogサイトのタイトルや、記事のタイトル、記事の概要を読むことができます。

RSS検索エンジン

bulkfeedsやfeedbackといったサービスはブログのRSSを収集して検索できるようにしています。またブログの更新にあわせてデータを収集しているので一般の検索エンジンよりも新しいデータを探すことができます。今日起こった事件に対してどう思っているのか、なんていうことも RSS検索エンジンだとすぐに調べることができます。本や映画などの感想をブログに書いている人もたくさんいるのでそういったことを調べるのにも便利ですね。
  • bulkfeeds
  • feedback
  • RSSに対応しているサイト

    ショップブログではRSS 1.0のリンク先がRSSファイルですがその他にも[RSS] [RDF] [XML]といったアイコンが使われていたり Syndicate this site (XML)のリンク先になっている場合もあります。

    RSSファイルの探し方

    ブログ以外にもRSSファイルを公開しているサイトがあります。

    等でもRSSファイルを見つけることができます。